ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

はじめての名古屋帯

わたくしが初めて叔母から着物や帯をゆずり受けたなかに
この帯がありました。
淡いグレー地で、塩瀬の染め帯です。
帯を締めたこともない超初心者に、こんな大胆なお太鼓柄でしたので
実際締めて出掛けるまでに時間がかかりました。

柄が帯幅の真ん中ではなく、微妙に右に寄ってるんですよね、これ…。

この帯と泥大島をセットにしてゆずられたのですが
その頃のわたくしには泥大島と言われてもさほど値打ちはわからず、
ただ、一般的な着物とは風合いのまるで違う、軽く、ツヤがあり、
ずいぶん高級品なんだろうなぁというくらいの思いしかありませんでした。

その時はこのセットの他に
縞のざっくりした紬と、紬地の型染めの帯も。
全くタイプの異なる着物でお勉強させていただきました。
「いいものを見れば悪い物がわかるようになるから」と
初めから上質なきものに触れさせてもらえたことは
たいへん有り難いことでした。

自分の好き嫌いで良し悪しを判断することはありませんが
志の高いきものとそうでないものは
確実にあるような気がいたします。

審美眼を養うこと、コーディネートのセンスを磨くこと、
まだまだお勉強です。
桃千佳じるし。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 着物
ジャンル: ファッション・ブランド

tag: 着物 塩瀬 染め帯 お太鼓柄 きもの

コメント:

非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ