ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

紬の羽織

浦野理一さんのきものの本を見て紬の羽織にあこがれた時期があり、
紬の羽織を誂えましたが、無地の方がよかったかしら…。

「清次紬」と銘があります。緑の格子の紬をきもので着ています。

この紬の作家さんのきものを既に持っており、 イメージを揃えて着られるのですが
この織り柄、つぎはぎに見えるでしょう?
無地ならもう少しお出かけっぽくなったかなと思います。
絣や格子の紬の上に重ねると可愛い感じで着られますが
最近「ちょっとそこまで…」的なきものの着方をしていませんので
登場の機会が少ない羽織です。もったいない…。

浦野理一さんの「現代日本のきもの」という写真集が
親戚宅の書架にあり、穴のあくほど見つめていました。
上質な無地紬のきものと無地紬の帯に、
道明さんの無地のゆるぎの紐で
パーティーに出られるほどのおしゃれ着になりうる着物姿の数々、
優雅な染め帯と合わせたり、
無地の紬の着物に無地の紬の羽織を重ねたり…。
表紙の夏目雅子さんの、紅型のきもの姿が本当にかわいらしく…。

今、紬の羽織を誂える方は少ないと思いますが、
紬の着物のお好きな方、着られる機会の多い方なら、
羽織もお作りになると案外活躍すると思いますよ。
やわらかものの羽織と違い、軽くシャキッと着られます。
背筋の伸びる着心地です。
黄八丈にも合います!





関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 着物・和風小物
ジャンル: ファッション・ブランド

tag: きもの 着物 羽織 無地

コメント:

紬の羽織‥ なんて贅沢なんでしょう!
素敵です。
ほんとに着物がお好きなんですね。

私は必要にせまられて着物を着ているので、桃千佳さんのような優雅な遊び心がなくて、つまらない着方になってしまっています。

次にお会い出来るときは、紬のお洒落に挑戦してみますね!

かふうかい様☆

私はただのきもの道楽ですi-229

先生の芸道に裏打ちされた美意識と
一本筋の通った凛としたお着物姿。
何をお召しでもさりげなく女性らしさが込められているところに
憧れます。

紬の羽織は、ウールのアンサンブルなど着ていた子供の頃が
少し懐かしいような気持ちになります。
非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ