ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、大相撲観戦。熱烈すぎない阪神ファン(元阪急ブレーブスファン) 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

パワースポットと言うけれど…。

わたくしにはそうは思えない。

超有名になってしまった元金光教の寺。
わかる人にはわかる。


一度行ってみたいと思っていた神社へ実際訪れてから
ここに書くまでに4カ月ほどかかった。
この神社にあまりいい印象を持てなかったのである。


以前から金運にご利益のあるパワースポットとして
よく取り上げられる京都の神社。
金色の鳥居で有名であるが
元はこの瓦の示す通り、この印のついた宗教の寺であったそうだ。
今は関係ないという。

そう広くはない境内の左側に授与品を並べてあるが、無人。
なので箱にお代金を入れるのだが
お守りやお札が雑然としている。


それでもお参りをしてお守りを求め
こんもり茂った木のような絵馬を眺めたりしていたとき
たまたま
禰宜さんではなさそうだが関係者の方が
お客さんを連れて
「あれがご神木ですよ」と
境内左側奥を指差した。

ご神木の存在には気付かなかった。
その大銀杏は幕で仕切られたむこう側にあり
普通の参拝客は近づけなかったのである。
その関係者が幕を少し引いて見せた時

…わたくしは見てはならないものを見てしまった。


幕の向うからご神木までの間には
不要になったと思われる家具など大きな道具が
野ざらしで山積みにしてあったのだ。
それを隠すために幕があったというわけ。
そんなものを見てしまうと
人が何とありがたがろうと
芸能人がそこの財布を愛用していようと
わたくしにとっては清浄なパワースポットとは思えなくなった。
(これはわたくしの個人的な見解)

それなのにわたくしの財布の中には
ここで求めたお守りが入っている。
みるにみかねる、金欲。
あぁ、俗物…。

お金が入ってくるというよりは
ムダ遣いの歯止めにはなっているような気がしている。
パワースポットって自分で決めればいいものだと思う。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ: ちょっと、お出かけ
ジャンル: 地域情報

tag: 京都 金運 パワースポット 神社

コメント:

非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ