ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、大相撲観戦。熱烈すぎない阪神ファン(元阪急ブレーブスファン) 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

京都山科・大石神社

子供の頃から母の誕生日を尋ねられ答えるたびに
「あぁ、赤穂浪士の討ち入りの日ね」と大人に言われたので
ずっと忠臣蔵に興味がありました。
そして今年ははじめて
京都山科の大石神社へ行って参りました。


写真左奥にみえるのは
大石内蔵助の遺髪塚です。
赤穂のお城を明け渡した後この山科で
大石内蔵助は討ち入りの策を練ったといいます。
討ち入りの日が近いのでお参りされる方も多いのかと思いきや
自分が落ち葉を踏む音がみしみし響くばかり…。


毎年12月14日には
高輪泉岳寺や赤穂の大石神社での義士祭が盛大に催されるのを
ニュースで見ますが
ここ山科の大石神社での義士祭の様子は見たことがありません。
高輪泉岳寺は都会の立派なお寺ですし
赤穂の大石神社はきれいに整備された神社ですがお城はないし
時代に思いを馳せる、というのは
わたくしには実感の湧かないものでした。


ここ山科の大石神社は
阪神高速8号線山科料金所の南側に位置し
クルマでなら10分少々で京都の中心に出られます。
四条河原町行きの京阪バスも通っていますが竹林の多い山です。
ここからどういうルートでどんなお心もちで
祇園の一力へ通われたのかなぁ…などとの想像は楽しく
人間・大石内蔵助が確かに生きた跡を感じられる土地でした。


今まで忠臣蔵の映画やドラマで一番好きだったのは
片岡千恵蔵さんの大石内蔵助です。
昼行燈(ひるあんどん)、というあだ名がはまりながらも
遊興シーンでは艶っぽく美しく魅力的でした。
今、オールスターキャストで忠臣蔵をやるとしたら
どの役がどの役者で…と想像しながら
討ち入りの日を迎えてみましょうか。。。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 京都・奈良
ジャンル: 旅行

tag: 京都 山科 大石内蔵助 赤穂浪士 大石神社 義士祭

コメント:

非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ