ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

博多の仙厓さんと聖福寺

いきなり仔猫三匹がお出迎え。


お出迎えありがとう
お寺の境内には見えないでしょう?

ここは博多の聖福寺という日本最初の禅寺。
こちらを訪れたのは「博多の仙厓さん」として親しまれる、
禅画の仙厓(せんがい)との出会いからでした。

以前大阪・心斎橋にあった「萬野美術館」へ訪れ
その時は琳派の展示だったのですが
ミュージアムショップにあった葉書の仙厓の絵に惚れ込み、
部屋に飾ったり大事な方へのメッセージカードにしていました。

それから数十年経ち
百田尚樹氏の「海賊と呼ばれた男」を読んで
出光の創始者が仙厓コレクションの第一人者と知り
いつか出光美術館で本物が見たいと常々思っておりました。
2016年10月に
仙厓コレクションの決定版ともいえる「大仙厓展」が催されると去年知り
先般ようやく実現したのです。

そうだ、わたし今度大相撲九州場所へ行くんだった!と
それなら仙厓さんが晩年過ごされた
ここ聖福寺をぜひ訪れたい、と
それが叶ったわけです。



ホッコリするような土塀


境内に足を踏み入れると
大きな通りから一本入った街なかにこんな静かなところがあるなんてと
驚くばかり。
ベンチに腰掛けると猫が三匹すりよって来て何やらおねだり。
そこへ賑やかに近所の子供たちが3人かけ寄って来、
総勢7名?で楽しいひととき。
仙厓さんに歓迎されているようで嬉しく。
猫たちはわたくしが帰る頃には
外国人観光客のご夫婦にかまってもらっていました。


zenga.jpg
こんな本も出ています。


出光の創始者が豪胆でたいへんな情熱家なのは本を読めばわかりますが
仙厓の禅画を愛したという面を知ると
人物の奥行きの深さが感じられます。





聖福寺界隈や最寄りの大博通りは
京都の御池通に雰囲気がとてもよく似ていると思いました。

この後、
地下鉄ひと駅分ほど歩いて
今回の日帰り旅の目的の二ツ目へ向かいます。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 九州の旅
ジャンル: 旅行

tag: 博多 仙厓 聖福寺 出光美術館 海賊と呼ばれた男 京都 禅画

コメント:

非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ