ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

物語の帯

一本の帯に物語風の絵が織られた袋帯です。どの部分を出せばよいか迷いますが
お太鼓とたれの柄がつながるように締めるのが一番気持ちよいです。

獅子を連れてるって本当だったらずいぶん大胆な…。

          ↑
          ↑
上と下の童子は同じ子のようです。
          ↓
          ↓

お見せできませんでしたが、この童子の向かう先には三重の塔があります。

この他にも、森があって鳥が飛んで男の子と女の子が並んでいる織り柄も続くのですが
この一連の絵が、何の物語なのかまったくわかりません
この帯を求めた豊中・織元さんでもおわかりにならなかったようです。

何の物語かお心当りのおありの方はぜひ教えて下さい。

この帯を締めて、きものの女王コンテストの最終選考の会場に行った事があります。
この時3人の女王のうちお一人に入られた大阪のお嬢さんは
黒のお振り袖がよくお似合いの色白で可憐な方でした。
その後の大阪のイベントでも何度かお姿拝見しました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 着物
ジャンル: ファッション・ブランド

tag:  京都 織り 袋帯

コメント:

非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ