ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

河内山(こうちやま)

先日、休暇を取って歌舞伎の地方巡業を観ました。
中村橋之助丈の「河内山宗俊」の顔が杉本哲太に見えた。
などと書いたら高尚な歌舞伎ファンに叱られるのでこれ以上言いませんが
でも、芝居はちゃんとしてましたので堪忍して下さい。



以前この芝居を大阪・松竹座にて松本幸四郎丈で拝見した折
幕見(二階席の一番後ろで、一演目ごとに低料金で観劇出来る席)で
中国人女性と隣り合わせになり
芝居の最中に声をかけられた事がありました。

「あの人はどうしてホクロを付けてるんですか」

あれが目印になって後で正体がばれる、と
完全にネタバレですがそう言うと
面倒なことにその中国人女性は
上演中たびたび話しかけて来ました。
「あとで説明してあげます。」と言ったらそれきり聞かれなくなり
最初からそう言えばよかった。

それで本当に終演後
一緒にお茶を飲んで芝居の話をしました。
どういういきさつだったか
初めて歌舞伎を観に来たというどっかの大学のセンセー(おじさん)も付いて来ました。
お二人とも「面白かった」と満足気な様子で
初めて歌舞伎を見た人の
少しは助けになったのかなと喜びを感じながら
芝居に関しての生半可な知識をちょっぴり反省しました。

この坊さんは「お数寄屋坊主」、御殿でのお世話係というか調度係というか
そういうお役職のようです。
うちの先祖に
讃岐藩松平家のお数寄屋坊主をやっていた人がいますが
そんな人が主役になるのもアリな歌舞伎は
本当に懐が深いと言えるでしょう。
歌舞伎だけでなく映画作品にもなっています。

この「河内山」を観るとその中国人留学生を思い出します。
連絡先を交換しましたがその場限りになってしまいました。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ: こんなことがありました
ジャンル: ブログ

tag: 歌舞伎

コメント:

非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ