ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

「その他」で御免!(ブランド買取顛末記①)

10年ぶりくらいにブランド買取り店へ足を運んだ。
その店は勤務先の近くで、以前から存在を知っていたが初めて訪れた。
ネットで確認するとチェーン店のようで、石田純一さんが広告に載っていた。

更新がないのに足しげくご訪問下さった皆々様に感謝します<m(__)m>あなたのことですよ、あなた!
万博記念公園内の展示施設。万博のコンパニオンの衣装です。記事とは関係ありません。

わたくしは
本当に大切なものは別にして、
使わないものはさっさと処分してしまいたい性質で
今回はバッグを3点持ち込んだ。
店内に入ると若い男性スタッフ2名、
なんだか慌てた様子だった。
その時点でちょっと嫌な予感はした。

店内の商品はほぼ類美豚
「こちらは美豚がお得意なんですか」と聞くと
「うちは9割がた美豚です」と店員が答えた。
「その他」を売りに来たわたくしはちょっと居づらくなる。

見ると
店内のワゴンには美豚以外の商品が
大雑把になっている。
わたくしのバッグもここに並べられるのだろうか。

スタッフが白手袋をはめ、査定を始めた。

……その間一切の会話なし。

知識のあるスタッフなら
「これは何年頃のものですね」とか
「大切に使っておられますね」とか
客に退屈させない言葉をかけてくれるものだ。


ひととおり査定が終わったようで
さておいくらになるんだろうかと
スタッフと顔を見合わせた瞬間
こうのたまった。


「あの、おねえさん…」



ここは何屋だ?
おねえさんて。


充血眼がテンになったところで
その後さらに追い打ちをかけられ
わたくしはものすごい気ぃ悪い思いをするのである。。。



●次回へつづく●
また読んでやってください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: こんなことがありました
ジャンル: ブログ

tag: ブランド

コメント:

非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ