ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

かすみつる

以前、和のお稽古事に通っておりました頃
わたくしが日本酒好きなのを知った方から贈り物をいただきました。
それが香住鶴との出会いでした。



その方はわたくしよりいくつか年下でしたが
お手前デビューが同じ会でご一緒したのをきっかけに
お稽古場は違っても親しくさせていただきました。
先輩に嫌味を言われたり
厳しいお稽古に大汗をかいたり
苦楽を共にした同志でした。
そんな彼女があるとき
「私の実家近くに酒蔵があって、ぜひお試しいただきたいんです」と
いただいたのが
香住鶴のお酒でした。
「このお酒が貴女のイメージと重なるんです」と言われました。
いただいてみるとこれが
上品で華やかなお酒で
このお酒に見合うような女性になりたいものだと思いました。
そんなふうに
洒落た言葉を添えて贈り物の出来るような人にわたくしもなりたいと
そう思いました。

そのお稽古事はもうやめてしまいましたが
彼女とは時々便りを交わす間柄です。
三児の母で、毎日忙しくされているかと思います。
彼女はこのお酒がわたくしのイメージだと言ってくれましたが
わたくしは
香住鶴さんのお酒をいただくたびに
繊細でたおやかな彼女を思い出します。

飲む人がそれぞれのイメージを思い描く、
しかも女性像を思い描く
そんなお酒のような気がします。
女性向き、とは言いません。
男性に、「こんなお酒を恋人にしてほしい」とすすめたくなるような…。

たまにはそんなお酒の選び方、いかがでしょう?


関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 日本酒
ジャンル: グルメ

tag: 日本酒 香住

コメント:

非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ