ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

万年筆の博物館

先般お江戸へ参りました折に
定宿から徒歩圏内にあります
ペンステーション ミュージアム&カフェ」へ寄ってみました。
こちらはパイロットの万年筆博物館です。

こんな大きなインクの瓶…。素人が買ったら何年持つだろう。
ジュースみたいなインク瓶。

一階がカフェ、二階が展示スペース。
ペンクリニックも併設されてありますが販売はありません。
入場は無料で、カフェを利用しなくても気軽に入れます。

万年筆に興味がないとわざわざ足を運ぼうという気にもならないかと思いますが
筆記具の構造に興味のある方、古い道具が好きな方などは
楽しめる展示施設になっています。
漆や金蒔絵、贅をこらした装飾品としても価値ある万年筆はため息もので
お宝、という言葉がぴったりです。
昔の根付けや印籠、ちょっと昔の万年筆。
今なら…何でしょう??
装身具に自分好みを反映させてお金をかけて唯一無二の品を作るよりは
ブランド物を購入する方が多いかもしれません。
超高級万年筆は写真に収め辛く断念。(写真撮影は可能です)

粋な書体です。
こんな箱がさりげなくフロアの隅っこに置いてありました。

時計付きのペン休め。どんな方が使っておられたのか…。
どんなお金持ちが作られたものだったのでしょう…?


東京駅八重洲口からも徒歩圏内です。
短時間の滞在でしたが
筆記具の技術や歴史に触れることができ、
とても良い時間を過ごせました。
こういう空間がさりげなく、
ビジネス街のど真ん中に当たり前のようにある、さすが東京です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 文房具大好き!
ジャンル: 趣味・実用

tag: 万年筆 パイロット 博物館 東京

コメント:

非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ