ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

雨の下の革手袋

片方なくした手袋、あきらめられますか?

amenosita.jpg
何を撮りたいのか意味不明な写真になりましたが、この階段で何かが起こっていた。

ある雲の厚い朝に、京都で時間をつぶすため
四条通を東山の方向へ歩き出すと雨が降ってきました。
遠くへ行くのはあきらめ、八坂神社の西門から正門(南側)へ抜けたとき
後ろからよつばのタクシーがわたくしを追い越して行きました。
よつばのタクシーといいますのは
八坂タクシーの超優良ドライバーにしか許されない車で
通常みつばの天井灯がよつばになっています。
用事がなくとも見かけたらとりあえず乗っとけ、というくらい
ふだんお目にかれない車なのです。 →26.12現在4台。
おみくじで大吉を出すよりおめでたい事なのです。
何かいいことがあると祈念しつつ雨の中、
傘は持っておりましたが
いったん雨宿りできる場所へと
祇園花月へ立ち寄りました。


祇園花月はまだ開演前で
博多華丸・大吉の出番があるのを見て
ここで時間をつぶすのもいいかなと思っていたところ、
「手袋、落ちましたよ」と声をかけて下さる方が。
お礼を言って拾って
手袋の相方を確認しようと…ない。

手袋が片方、ない(泣)

どこで落とした、雨の下の革手袋…。
大きな通りで落としていたら誰かが声をかけてくれただろう、
たとえ中国人韓国人観光客だらけの四条通でも。
雨脚が強くなってきた街中、
雨の京都は風情のあるものだけど
わたくしの知ったこっちゃない。

お気に入りの紫の革手袋は
イタリアの手袋職人に、ぴったり合うサイズを探してもらったもの。
ふだん諦めのよいわたくしが異常な執着を胸に抱き
来た道を逆にたどることにしました。

祇園花月から八坂神社方面に渡り、よつばのタクシーを見つけた場所を通り過ぎ
いいことあるなんてとんでもないじゃないと
誰かを恨みたい気になったりして
ひと気のない神社の正門から入るとそこにわたくしの紫の手袋…。

雨の下、ずぶ濡れになって
何かをつかもうとしたように指の形も生々しい上向きになった手袋。

ごめんなさい、わたしの手袋ちゃん。。。
雨の京都の置いてけぼりはさぞ辛かったろう。
手袋にちゃん付けするかーと自分にツッコミ入れながらやっとの思いで回収。
あぁ本当に疲れた。

これから八坂神社さんへは
何か大切な物を失ったときに参りたいと思います。
そして、八坂タクシーは素晴らしい会社です。
よつば車両は乗車記念カードをいただけます。
ここまで読んで下さった方、
あなたにいいことありますように。来年もよろしくお願いいたします。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ: ブログ日記
ジャンル: ブログ

tag: 京都 八坂神社

コメント:

No title

手袋見つかってよかったですね。

よつばのタクシーは知りませんでした。
京都のタクシーって、MKのイメージしかなかったです。
今度見つけたら、話のネタに乗ってみたいです。

みゅー様☆

最後まで読んで下さってありがとうございます!
京都を歩いているとき
ここでよつばタクシーと出会って乗れたらどこ行こう?と
考えたりします。
ぜひ探してみて下さい!
非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ