ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

あの紐の名は

少しも詳しくはありませんが子供のころから神社やお寺が好きで
地元はもちろん、旅先や仕事での訪問先などご近所に寺社があると
よくお参りしています。
あるときふと
「鈴と一緒にぶら下がってるあの紐には名前があるんだろうか。」と思い
調べてみますと
鈴紐・鈴尾、鈴緒 とよばれているのだとか。(案外そのままでした)

阪急電車宝塚線・池田駅近くの呉服神社内の恵比寿社。
真ん中と両側とでは紐の太さが違います。

紐と言っても素材はいろいろあるようで
上から下まで全部麻のもの、芯だけが麻のもの、
綿素材のもの、オール化繊 …etc.

本来は全部麻を使うようなので
紐の下部のふさふさ部分も当然麻なのですが
紐は綿で房は麻、という物も多いようです。
これもそのままな名前、通称「麻房」。
でもカバーが掛っているもの、おみくじの箱のような六角柱が付いているもの、
今までそれほど注目したことがなかったので
色々な素材、色、形状があるのに興味津津。。。

大阪府豊中市・服部天神社の麻房。


大阪府池田市・呉服神社の麻房。地面に届いてます。


これらもみなネットで販売されていてるので
だいたいのお値段がわかってしまうのが興醒め?
このお宮さんはどこにお金をかけているのか、なんていう見方は
なんか「やらしい」ですが
その神社の雰囲気に合ったものを掛けておられるかどうかを見るのは
これからお参りの楽しみの一つにしたいと思っています。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ: いろんな写真
ジャンル: 写真

tag: 神社

コメント:

非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ