ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジミー大西と大西秀明君

わたくしがその昔、大阪梅田にあります「うめだ花月」でアルバイトをしていた頃
このお方はぼんちおさむさんの弟子として毎日付いておられました。
今では「画伯」と言われるようになってしまった、
ジミー大西氏です。

ウェブ上からお借りした画像です。

出会った頃、すでに彼は大阪では「さんまの駐在さん」等に出演しており
関西ではそこそこ有名人でした。
究極の天然イメージのある彼でも
ぼんちさんのコンビ解散時には神妙な面持ちで
他所のお弟子さんに
「さんま兄さんのところに行こうと思うねん。」などと
相談を持ちかけているのをこっそり聞いていました。
実際悩んでおられたかどうかはわかりませんが
悩む様子などはみじんも見せず
彼は裏方の人間に非常に好かれる人でした。
テレビで披露する持ちネタも惜しげなくやってくれました。
ぼんちさんが解散されてからは実際にお会いする機会がなかったのですが
ある時、思いがけない所で再会しました。

博多へ遊びに行ったとき…ちょうど博多どんたくの時期でした。

繁華街の道のど真ん中に大西君が居たのです。

地元の方々は珍獣を見るように彼を遠巻きにし、
あまりにも可愛そうな気がしたので
思い切って

「大西君、わたしのこと覚えてる?」と
声を掛けました。

「あれ~、じぶん、博多の子やったっけ!?」
「違うよ!!」

などという会話があり
一体そこで何をしているのかと尋ねると

村上ショージさんに女の子をナンパして来いと言われて、との事。
それじゃあ、がんばってね~と早々にその場を立ち去ったのを最後に幾数年経過。


このごろ何だか無性に懐かしく、
この記事を書くにあたってウィキなども見ましたが
それ間違ってない?という情報もあったり
ウィキには書かれていない持ちネタもわたくしは知ってるし
真面目に語るような一面も見ているし
思い出は宝物です。

なんだかそのうちどこかで会えるような気がしています。
何処から湧くのか、その根拠のない自信。
博多で会ってから20年以上経ってるんですけどね。
ジミーちゃんと呼ばれるようになった彼は
私のことまだ覚えててくれてるかな?

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: お笑い芸人
ジャンル: お笑い

tag: ジミー大西 さんま

コメント:

印象に残る人

 ジミー大西さんは実際もあんな感じの方なんですね。
たぶん、地元以外で 再会した人は、結構記憶に残るので 覚えていると思いますよ。
ただ、容姿が随分変わっていれば 判らないかも知れませんが。v-411
当時、桃千佳さんを 覚えていてくれたと言う事は、桃千佳さんも印象に残る方だったんですね。
それとも、素敵な人だったのかな?。

 彼以外にもにも、当時無名でも 今有名になられた方もおられるのでしょうね。

 それにしても、大きなお祭の中で目立つとは、かなりの存在感です。

るどるふくん殿。

ありがとうございます(^v^)
大西君にはもう展示会にでも行かないと会えないかもしれませんね。
私よりはいくつか年上ですけど、初めて見た時からまったく印象が変わらない人も珍しいような気がします。
当時劇場で働いていた女性はモギリの女の子以外は私一人しかいなかったので覚えててくれたのかもしれません。
背が高くないのに存在感は確かにある人です。
非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。