ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「さや侍」のきもの

遅まきながら
松本人志監督の「さや侍」を拝見しました。
素顔ふうに作り込み手間のかかったナチュラルメイクのような
胸に迫るいい映画でした。



自分の感想は人に押しつけたくありませんし
松本監督作品は実際賛否両論だし
わたくしが絶賛したところで
馬鹿馬鹿しいという方には届かないし
それも否定はしませんが
ただ
衣装に関しては一切おふざけがなくとても良いのです。

松本君がどこまで口出しされているのかわかりませんが
衣装の真面目さが登場人物の役割にきちんと反映されています。

お役人やエライ人たちのお召し物もクオリティが高く
わたくしが一番気に入ったのは
この予告編では見られないのですが
ラストシーンの若君のきものです。
地紋のあるさわやかな水色地に大きな白の水玉のきものが
こころ和むシーンを象徴するようでした。


きものと関係ないところで気になった事ひとつ。
「長谷川公彦」…島田紳助さんの本名です。

どこに出てたの!?


関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 日本映画
ジャンル: 映画

tag: きもの 着物 松本人志 さや侍

コメント:

非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。