ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

北新地のオネーサンのきもの③

以前可愛がってもらっていた北新地のホステスさんには
きものにも役立つコーディネートを色々勉強させていただきました。
主に、ホテルの宴会場でのパーティなど
広い場所でのお話でしたが
そうでない場所でも十分役に立つお話でした。

あえて影を消さずに扇子の陰影の面白さを出してみました。

人の集まる場所へ何を着て行くかは悩みどころでもありますが
出来れば会場の下見などしておくと気分よく過ごせるので
可能な限りの情報の収集はかかせません。

 ・集まりの趣旨と招待客
 ・会場の規模
 ・会場の壁の色、照明、絨毯の色
  …などなど。

洋服でも着物でも、着用するものの格は踏まえた上で(格も難しいですが)
その日はどう見せたいか、どう見られたいか考えます。

やさしい雰囲気でまとめたいのなら
壁紙の色になるべく近い色(明るさ、鮮やかさも含めて)を着用。
衣装が背景と同化し、顔がフッと浮き立って見え、
美しい人はより美しく見えるのだそうです。

派手派手OKで目立ちたい時は
絨毯の色と補色関係にある色(反対色)を着るとか

女性らしく見せたい時は
絨毯と濃淡になる薄い色を着るとか

きものの場合は足元まで布で覆われているので効果的だそうです。
そこまで計算されているなんて
さすが北新地で生きる接客業のプロの女性だと思いました。

わたくしはあいにく
大きな宴会場でのパーティーに招待される事など滅多にありませんが
お集まりで何を着るかを考える時は
必ず彼女に教わった事を思い出しています。

このような術は若いホステスさんに受け継がれているのでしょうか?
確かめようがなく苦笑している今日このごろです。




関連記事
スポンサーサイト

tag: きもの 着物 北新地

コメント:

No title

なるほど~♪
参考になりましたっ!!
北新地のおねーさんにお礼を申し上げたい気分ですっ(笑)
まぁ、わたくしも大きい会場にお呼ばれすることないけれど・・・

ひめさま♪

ありがとうございます♪
新地のオネーサンやら花街のオネーサンやら大好きでして(^_^;)
私はオッサンなのかもしれません。
非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ