ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

ちりめん

声楽家の友人とミュージカルを観に出掛けた時のこと。
終演後に感想など語り合っておりますと
友人が「あの人の声はちりめん入ってるからねぇ」と言い、
どういう意味なのか聞ききますと
きもの着るんだから分かるでしょ、あんな感じよ…とのこと。

これはポリエステルの縮緬。見えないでしょう?

緊張で震えるのとはまた違うようです。
なかなか面白い表現だと思いました。
でもそれ以来「ちりめんの入ったような声」の人に会ったことはありません。

さてこの麻の葉模様は
京都の幾岡屋さんで求めたもので
左が風呂敷、右が鏡。
色が微妙に違います。
どちらも単品で販売されていたものですが
幾岡屋さんでは希望すれば
風呂敷や半襟などを色々なものに加工して下さいます。

しかし、ちりめんの入った声というのは
決して褒め言葉ではないみたいですね。
それだけが少し残念です…。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

tag: きもの ちりめん

コメント:

No title

きゃはは~ッ!!
ちりめんビブラートのコトですね~♪
声楽もフルートも、そゆ表現するんだけれど
ちゃんとしたビブラートぢゃなくて、チリチリしたカンジの震えた音のことですぅ
自分でコントロールできないと、ちりめんビブラートになっちゃうんですよん♪

幾岡屋さん、そゆ加工もしてくださるんですね☆
秋に京都へ行ったら、早速・・・うふっ。

Re: No title

ちりめんビブラートっていうんですか~!
勉強になりますわ~。
たしかにきれいなビブラートとは言えないなと思いました(^_^;)
もうその女優さんの名前も忘れちゃいましたけどね。
面白い表現ですね。


非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ