ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

必殺仕舞人 怒涛の最終回

京マチ子さんの必殺仕舞人が大好きで
絞りの半襟をたっぷり出したきもの姿に憧れていました。

再生時間:13分28秒


旅芸人姿、尼僧姿、琉装など
どれも艶っぽく素敵。

絞りの半襟を現代に野暮ったくなく合わせるには
それなりの雰囲気とテクニックが要るかもしれません。
きものの色柄に負けまいと口紅を真っ赤にしてしまうと
確実に野暮ったくなります。
あえて野暮ったく着る、というのもひとつの見せどころではありますが
街着としてきものを着る時は
化粧でそれを表現してはいけないと思います。

いくつになっても修行です!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 懐かしいテレビ番組
ジャンル: テレビ・ラジオ

tag: きもの 半襟 京マチ子 必殺

コメント:

絞り半襟

紫の端切れを買って作ってみたけれど
結局、合わせ方が今一つピンとこなくて一度も使っていないのぉ(涙)
やっぱ黄色っぽいキモノ&縞が粋だわ~♪
素材はやっぱり正絹ぢゃないとダメかな・・・
もしかして、京マチ子さまだから粋なのかしらぁ
お化粧、確かに真っ赤な口紅だとヘンねぇ(笑)

ひめさま~♪

私も紫の絞りには憧れてました!
京都の「ゑり正」さんで買った染め疋田のポリエステルばっかり使ってましたけど。
確かに合わせるの難しいです。。。
きものは紬か木綿(絣とか縞)で、帯も含めて全体に色数を少なくして着てましたけど、
その姿が人にどう見られていたかは
まったくわかりません!!

非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ