ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

北新地のオネーサンのきもの②

以前の記事にも書きましたが
大阪の歓楽街の女性のきものをよく観察していた時期がありました。

ロボットみたいで可愛いビルでしょ。
写真のビルは大阪駅前第3ビルではありません。

素人の女性のきもの姿がその店では珍しかったからか
ホステスさんに質問攻めに遭いました。
若いホステスさんで自分の好みを確立させている方は少なかったのです。
ドレスならご自分の体型を活かせる素敵なものをお召しなのに。

よくよくお話を聞きますと
やはり最初は「質より量」で、枚数欲しいらしいのです。
どうすれば着まわせるか、
たくさん持っているように見えるか、
ざっくばらんに、しかし実に熱心にアドバイスを求められました。

半襟の工夫もおすすめしましたが
粋を感じさせてナンボの彼女たちにそれは少し難しい。
 上質な色無地をどこかで安価で入手して
 帯なんか見ている男性は少ないと思うからたくさん要らないし
 髪型と口紅の色を変えた方が違ったきものに見えるかもよ!
 それじゃあ、お着物の話にならないじゃないですか~!

…などと、会話を楽しみながら
お客さんにリクエストして(おねだりをして)配達してもらった
「めはりずし」を一緒にいただいたりしました。
めはりずしは新地の女性の大好物でした。
今でもお店があるのでしょうか。

オネーサン方にはきもの着用時にも役に立ちそうな事を
いろいろ教わりました。

また折々書いていきたいと思っております。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 雑記
ジャンル: その他

tag: きもの 着物 新地

コメント:

着まわし

お久しぶりです!

私も少ない着物でどれだけ変化をつけられるか、考えますよ~
しかし、着物一枚に帯三本、ではないのですか?
飲みにきている男性は、帯などみていない、ということでしょうか?

しばらく呉服屋さんにも行っていません、
たくさんほしいのに、欲しくなるのも怖いのです

きらきら星様☆

これは私の考えですが
新地のオネーサンは個性がさほど強調されない帯に
色柄の違う数枚の着物を合わせる方が
印象が変わって良いと思います。
なぜなら、私たちと違って着用範囲が狭いからです。

またそのような話も書いてみたいです。

帯の良さがわかる男性はなかなか居ないと思いますね。
でも安物でいいというわけじゃないですよー。
非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ