ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

劇場に見るきもの考

今月国立劇場で芝居を観てきました。
あいにく着物での観劇は叶わなかったのですが
お客様のお着物はたっぷり拝見してきました。

国立劇場の絨毯。青海波に桜の模様。
絨毯の写真を撮るのもなかなか勇気が要りまして。

お江戸でも、劇場によってお着物の様子が微妙に異なるので不思議です。
国立劇場で通し狂言など観劇なさる方は
思いの外保守的な着こなしの方が多いような気がします。
わたくしの印象としましては
無地っぽいお着物に名物裂などの礼装に近い帯を締められる方が多いような
気がいたします。
きっちりと朱色の道行コートなどをお召しで。

歌舞伎座のお客様の方がもっとお遊びなさる印象。
それでも全体的に渋好み。
っぽい紬の羽織などお召しで。

名古屋の御園座、大阪の松竹座、博多の博多座と
それぞれ御当地のきもののお洒落の感覚の違いは感じておりましたが
同じお江戸でも、劇場で違いがあるのが面白いと思いました。

幕間にパチリ。記念撮影をしている人は皆無。

秋らしい色や、かえで柄の小紋をお召しの方もお見受けしました。
せっかく劇場にいらしたのですから
無地の道行コートはさっさとたたんで
帯付き姿でロビーを歩かれたほうが劇場はだんぜん楽しいですよ!
桃千佳東下り。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 着物・和風小物
ジャンル: ファッション・ブランド

tag: きもの 着物 劇場

コメント:

非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ