ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

吉本と着物の思い出 ②2丁目劇場

大阪ミナミ・戎橋の北側西詰に
「心斎橋筋2丁目劇場」という吉本の小さな劇場がありました。

愛ラブ・ベタ

吉本の小屋となる以前は
日立ホール、南海ホールと名を変え
その後、吉本本社も以前はここに構えておられました。
ダウンタウンの東京進出直前の本拠地はここで、
彼らがミナミの住人に扮する「心斎橋筋2丁目物語」という芝居も定期的に行われ、
看板から抜け出た「グリコのおっさん」を演じるダウンタウン松本氏に
ギャル達は狂喜乱舞したものです。

…と思い出は尽きませんが。

今はなき2丁目劇場の下に呉服店がありました。
入り待ち出待ちや、劇場の整理券を求める子達の列が
どうしても呉服店のショーウィンドウを覆ってしまうので
周辺では「○○屋のオバチャンに追い払われた!」と皆嘆いていました。
お店の方には迷惑なことだったでしょう。

わたくしは、豪華な振袖や華やかな訪問着に見入るふりをしていましたので
一度も怒られたことがありません。
そういう態度で臨むと、店員さんも邪険には出来なかったようで
時々きものの説明をして下さいました。
きものにはまったく興味がなかったんですけどね。
厚いガラスのショーウィンドウの向こう側は
まだまだ大人の世界でした。

心斎橋筋商店街にも以前は和装小物店が軒を連ねましたが
今では数少なくなり、寄り道の楽しみもなくなりました。
2丁目劇場も、昔の名残はとどめませんが
以前通用口だったところが現在守衛室になっているのが伺え、
吉本時代の喧騒がふっとよみがえる気がいたしました。
★桃千佳☆
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 大阪
ジャンル: 地域情報

tag: 大阪 ミナミ 吉本 心斎橋 ダウンタウン きもの

コメント:

非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ