ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

さんごの帯留め

さんごの帯留めの着物姿は、とても「和」の雰囲気が立つように思います。

さんごの帯留め3つ。

上の丸玉は土佐のさんご店で求めたもの。桜が彫られてあります。
地球儀のようにくるくる回ります。

左の椿は譲られたものです。
裏の金具まで帯留めと同じ形で、凝ったつくりになっています。
接着剤で付けられているものと違い、
花の右側に見えるように、ちゃんと爪で止められているので
取れる心配がありません。

右の薔薇は、京都・幾岡屋さんで求めたもの。洋の雰囲気にも合います。
薔薇にちなんだ催しや、宝塚観劇の折などに活躍します。
薔薇と牡丹は彫りの基本中の基本だそうです。
幾岡屋さんには掘り出し物が多いので、まめにのぞきたいお店です。

アイボリーのような薄い、白っぽい色の紐を合わせるのが好みです。
例えば緑色の紐を選んでも、
少し黄みがかった薄い色の紐が合うのではないでしょうか。
血赤さんごや白さんごでしたらまた変わってくると思います。

女性らしいジュエリーです帯留め大好き!



関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

tag:  さんご 帯留め 薔薇 椿 幾岡屋 きもの

コメント:

非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ