ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

麻地の麻の葉柄帯

麻の葉の柄自体は通年使えますが
この帯は染め下地が麻ですので夏季の帯です。

この帯締め、気を付けないとブチっとちぎれる恐れが。

麻の着物はいかにも涼しそうで憧れますが
いつか電車内でとても素敵に麻のきものをお召しの年輩の方をお見かけし、
「麻のきものは修行が要る!」と感じて以来、
未だ手を付けられずにおります。
麻のきもののしわも味のあるものとして着こなすには
わたくしにはまだまだなのです。

でも帯なら…と、これは気軽に締めております。
麻の帯は絹のものよりさらっとひんやりした感触です。
浴衣にも使えます。

夏はとにかく「涼しそうに着る」ことに努めます。
襟元がだらしなかったり、髪をほつれさせて歩いていると
きものを着たいという人が減ってしまいますからね!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

tag:  きもの 浴衣

コメント:

今日は麻の着物を着て出掛けました。
麻は修行がいる! ドキッとしました。私の姿は皆さんからどうみられてるでしょう‥(-_-;)

暑い夏、着物は大変ですね。
中にはタオル3枚しのばせています。
ですので「涼しそうにお召しですねぇ」そう声をかけていただくのが、一番嬉しいです。

かふうかい様。

先生は何をお召しになっても
着物がお人柄の前へしゃしゃり出ることはないです。
麻のきものも崩すことなくさっぱりとお召しだと思います。

私が着るとまだまだ寝巻きに見えそうです!
非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ