ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

黒い長襦袢

静電気のお話をします。きもの好きなら長襦袢のおしゃれにもこだわりたいところです。
わたくしはあまりコントラストを効かせず、きものと濃淡か、
違う色であっても同じトーンのものが好みです。

黒い長襦袢を一着持っています。
おもちゃなどの飛び柄で、紬向きです。
袖口の汚れが目立たず重宝しておりますが
恐ろしいほど裾のホコリが目立つのです

でも黒だからホコリを吸うというわけではありません。
他の長襦袢も同じようにホコリを吸っているのに
他のものは目立ってないだけの事です。
見えないからといって、脱いで吊るしてしまう時に
ブラッシングやタオル等でのホコリ落としを怠ると
引き出しの中が知らず知らずのうちにホコリだらけ…?
黒い長襦袢を着るまで分かりませんでした。

歩くたびに摩擦しますから、静電気が起こるのは当り前ですが
わたくしはよほど静電気に好かれる体質なのでしょうか…。
よく火花を散らします。乾燥する冬場は特に…(嫌)

外出時に水の入ったスプレーを持って行くとか、
ハンカチを水で湿らせてそっと拭いておくとかすると
少しはましなようですが
一越縮緬などのきものには響くことがあり(一緒に巻き込んでしまいます)
きもの姿に太ももニョッキリ出現するのはみっともないですし
まことに厄介です…。

静電気防止剤を使わずに上手に付き合う方法はないものでしょうか…静電気は痛いです…。。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 着物
ジャンル: ファッション・ブランド

tag: きもの 長襦袢 静電気 摩擦 縮緬

コメント:

非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ