ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

教室を探す

自分できものは着られるから、人にお着せする方のお稽古をしたい
と、思ったものの
全国展開の着付け教室は嫌だ、おしゃれな先生じゃないと教わる気がしない、など
探せない言い訳でもするようにより好みしました。

それほど名は知られていないところでしたが
着付けの勉強が出来る団体の発表会があると知り、行ってみました。
初心者から上級者まで、舞台上でお稽古の成果を披露するのです。
時間内に半幅帯を結ぶとか、生徒さんが交互で袋帯で飾り結びをするとか、
圧巻でしたのは、
きものの歌に合わせて振り袖の着付けから袋帯の華やかな結びまで
踊りのように着ながら完成させるというものです。
お勉強が進んでいくとこういう事もやる教室なんだわ~長襦袢姿で舞台に上がれる勇気はありません……
わたくし、それは、やらなくていい(^_^;)

着付けの過程で皆さん同じ色柄の小物をお使いでした。
長襦袢姿でも舞台に上がられるので
見えるわけです。
伊達締め、帯板など皆さんおそろい。
あれ、たぶん いや 必ず買わなくちゃいけないんだろうなぁ~
それは嫌だなぁ~
やはりそこでは無理費用が分かりにくいというのも気になりました。

ただ単にお友達の発表会でも見に行く気軽さで客席に居たら
もっと楽しめたのでしょうが、自分がやるとなると見る目が変わるのは致し方ありません。
人に着せられる技術が1年で身に付くとチラシに書いてありましたが
それも信用できません週に一回のお稽古でそれは難しいです。
個人のお宅でやっておられる先生を探した方がいいのか…と
思い悩んだ末の選択は
まったく「灯台もと暗し」で
わたくしがいつもお世話になっている呉服店のなかの着付け教室でした。

その後のおはなしはまた次といたします。そして着付け教室に通い始めます…。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 着物
ジャンル: ファッション・ブランド

tag: きもの 着付け 教室 長襦袢 袋帯 半幅帯

コメント:

非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ