ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

初めて買った紬のきもの

きものを自分で着られるようになってから
お下がりのきものだけでは飽き足らず
初めて自分のお給料で求めたきものがこの紬でした。

清次紬

この紬を決めるまでに心を奪われた赤い染め帯があり、
そちらに合わせて紬を選んだような気がします。
お下がりの手持ちの小物では対応できなかったので
長襦袢も草履も、ほか小物一式、
紬と帯に合わせて作りました。
おかげで迷うことなく合わせて出掛けられるコーディネートが
ひととおり出来ました。

八掛は抹茶色のような落ち着いた緑色にしました。
八掛はたいていきものと同色にしています。
何度も裾が擦り切れて、何度もお直しに出しています。

お仕立てが上がって来て、初めて着て芝居を観に行ったのが
ちょうど今頃の時季だったのを、毎年思い出します。
名古屋帯にまだ慣れなくて、
帯がずり落ちそうで気にしいしい電車に乗っていました。

地味に見える紬ですが、そのぶんポップな染め帯でも遊べますし、
塩瀬、縮緬の染め帯や、ざっくりした紬の織帯、半幅帯など
幅広く合わせられて着やすい紬です。

こんな帯を合わせています。
 赤い染め帯 (←過去の記事へ飛びます)
 麻の葉の帯 (←過去の記事へ飛びます)

ランダムに過去の記事へ飛びます。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 着物
ジャンル: ファッション・ブランド

tag: きもの

コメント:

非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ