ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

着せるきっかけ

自分できものを着られるようになって10年ほど経ち、
外出時の着物は定番になり、
自由にコーディネートも楽しめるようになった頃のこと。
着物との付き合い方に新展開が訪れるきっかけになる出来事がありました。

和のお稽古事のお仲間が、
ご自分一人できものを着てお稽古に出掛けられたのですが
自信がないから駅の待合室でちょっと見てもらえませんか、とのこと。
帯はなんとか…でも帯締めはこんな結び方でいいんですかと言われ
確かにちょっと違うなぁと、手を伸ばしました。

なのに、わたくし
対面では紐をうまく結べなかったのです信用ガタ落ちですわ(泣)
慌てて背後にまわって、
自分が結ぶのと同じ目線に立たないと結べなかったんです。
きもの、自分で着られますなんて言うのもはばかれるほど
わたくしにとってはショックな出来事でした。
…そんな事があって、人にお着せする稽古をしようかと思う、と
何気なく話したなじみの鞄店の店員さんが
「あなたがきものを着せてくれるなら、私着るわ~」
と言って下さったのが嬉しく、その思いを強固にしました。

しかし、いきなり着せる方のお稽古から始めたいと言って
受け入れてもらえるお教室があるのか…?
それからあちらこちらの着付け教室について調べることとなりました。

その後はまたのお話といたします。通い出すまでけっこう時間がかかりました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 着物
ジャンル: ファッション・ブランド

tag: きもの 着物 着付 帯締め

コメント:

非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ