ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

着るきっかけ

わたくし桃千佳がきものをきるようになったきっかけ。成人式でも着物を拒否したわたくしが
30歳からきものを着るようになったきっかけは、
「きもの着るならあげる」と叔母の一言でした。

はじめて叔母から譲り受けたきものは
朱色系の縞の紬と緑色の型染めの紬の付け帯、
泥大島に塩瀬の帯の二組でした。

長襦袢や小物一式も合わせてもらい、
わたくしはとにかく他に何も持っていないのですから、
その着物と帯で着る練習をするしかありません。
いきなり名古屋帯ではしんどいと叔母は考えて
付け帯にしてくれたのでしょう。
わたくしも着付けの本を見ていて、帯が難題だなぁと思いましたので
きものより先に、洋服の上から帯を締める稽古をし始めました。

着付教室に通う事も考えましたが、
自分でやってみてどうしても無理だったら…ということにしました。

それから先のおはなしは、これからぼちぼちいたします。また読んで下さいね!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 着物
ジャンル: ファッション・ブランド

tag: きもの 着物 着付 教室

コメント:

非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ