ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

紬の染め帯

ステンドグラスのようにも見える紬地の染め帯です。
たれの部分が黒というところが気に入っています。



写真ではわかりにくいのですが
6つの丸で構成された花の色はゴールドです。

この帯は柄の出し方を全く気にしなくてもかまいませんので
急いでいる時には本当に楽(*^^)v
腹の部分も同じ柄です。
紬の帯なのに洋の雰囲気の出せる帯なので重宝しております。

無地の紬のきものによく締めるのですが、
その組み合わせがとても肌に合うといいますか、わたくしは落ち着くのです。
戦闘意欲が消滅してしまいます。
もしかするとこの帯を締めて会うのは
気が置けない友人か、
そういうお付き合いを望んでいる相手なのかもしれません。
…と、今気が付きました。
☆桃千佳☆


関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 平成キモノライフ
ジャンル: ファッション・ブランド

tag: きもの 染め帯

コメント:

これは、なんて素敵な帯でしょう!
色といい、柄といい、
私好みです

残念ながら、この帯姿は拝見したことないですが…

ほんとに桃千佳さんのブログにはテンションあがります

きらきら星さんへ☆

いつもありがとうございますお教室でご一緒の時は、多少擦れてもいいようのものばかり締めていたので、見ていただいた事がなかったんだと思います。
締めて行った帯を解くことが多かったでしょうi-201
畳で擦れるとももけるんですよ、紬の帯…。

外出時に塩瀬の染め帯などよりは汚れやしわに気を遣わなくて済みます。
非公開コメント

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ