ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、大相撲観戦。熱烈すぎない阪神ファン(元阪急ブレーブスファン) 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

誘われて尼寺?

京都山科の大石神社へ参った折、実はバスに乗り間違えた。
一度行ったから大丈夫という過信もあり
同じ乗り場から何系統も出ているのを確認しなかった。
京阪バス営業所近くで下り
せっかくだから見物できるようなところはないか探してみた。

境内左手には「開運橋」という小さな赤い橋あり。
お大師さんの他は誰もいない…。

近くに岩屋神社というところがあり
お伊勢さん、大神神社、伏見稲荷、八幡宮、天満宮等の
遥拝所があった。

さらに山道を行くと大きなお寺を発見。
それがこの写真の「笠源寺」。
真言宗のお寺で、川崎大師 京都別院 とある。

石段を上り、回廊をゆくあいだ
観光客は一人も来ない。
誰ともすれ違わない。
遠くに法衣姿を発見。 

ここは尼寺であった。

後で調べると、一日尼僧体験が出来るそうだ。

四国八十八所がすべてお参りできる。
先程の写真の左側がこの山道。足場はよくない。


この先はどこまで上がれるのだろうと
行けるところまで行ってみたが
寺の方以外に人が入る事は稀なのだろう。
蛇が悠々と昼寝しており(そんなふうに見えた)
わたくしの足音で驚いて逃げ土手から落ちた。
びっくりさせてごめんね~などと
誰にも聞こえぬ独り言もまた楽し。


バス停まで戻り
大石神社まで、さてどうするか。
結局歩きました。三十数分かけて。

思わぬ寄り道のおかげで
山科という土地に興味津津。
岩屋神社あたりへは、かの大石内蔵助も訪れていたかもしれません。
居住地からはわたくしの足でも徒歩圏内ですから。
大石神社と岩屋神社 他にもう一社
岩屋信仰があったそうだが
もう一社が特定できていないのだという。

交通の要所でもあり住宅街でもあるのに
ここからもうすこし南には
豊臣秀吉の「醍醐の花見」で有名な醍醐寺があり
小野小町由来の寺もあり
みどころある山科。
京都中心地のような、お膳立ての整った観光地ではなく
自分で探す京都、とでも言いましょうか。

西には稲荷山を越えて伏見稲荷。 南には宇治。
ここ山科には
何か大事なものが隠されているような気がしてなりません。



スポンサーサイト

テーマ: 京都・奈良
ジャンル: 旅行

tag: 京都 山科 神社 尼寺 大石 醍醐寺

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ