ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

皆様オツカレチャン

「先月あたりから、かなりお疲れじゃありませんか?」と
美容室で言われました。
わたくし以上に、わたくしの髪も地肌も知り尽くしているヘアスタイリストにです。
わたくしは事情を告げると
彼女は続けてこう言いました。

「疲れとストレスで髪と地肌が固まってしまってます。」


太陽の塔のオッサン

一年に一度、自動車をお持ちのみなさんが自動車税を払う頃
わたくしの職場は超多忙を極め、
通常の業務に加えての任務に就くのでこんなことになってしまいます。
目の充血が数十日取れず
眼科でも診てもらいましたが原因不明で
どうやら日にち薬しか効かぬよう…。

皆様のブログを拝見しても
体調の優れない方々のつぶやき、ぼやき、嘆きが伝わってまいります。
「大丈夫かなぁ」とちょっと心配になったり
大変なのは自分だけじゃないんだと
こっちが励まされたり…。

話を戻しますが
わたくしの通う美容室では
ヘアブラシでの頭皮マッサージの重要性を説きます。
100均で売ってるガイコツブラシでいいんです。
強くする必要もありません。
頭皮がリラックスし
整髪料で補わなくても髪の油分が潤沢になり髪質がよくなります。

また、何もしないと
頭蓋骨に頭皮が貼り着いてしまうんだそうです。
ブラッシングも面倒な人は
頭上に両手のひらを置き
頭皮を前後に動かすだけでもいいんだそうで
効果は確実に表われるといいます。
どちらも怠っていたわたくし、猛反省…。

ごめんね髪の毛、ごめんね地肌。

身体こわしてまで頑張っちゃいけないと思いますが
頑張ってその先にあるものを見たいじゃありませんか。
働けるだけでも感謝、感謝です。
みなさんがんばりましょうね。。。


スポンサーサイト

テーマ: 美容と健康
ジャンル: 心と身体

tag: 美容室 マッサージ

京都・イレモンヤ

ものすごく大雑把に言いますと
京都御所の南側にその店はあります。

水晶玉をかじらせてみました。
穴の濃いピンクは箱の中に入れたブックカバーの色。

ファイバー素材にポップなカラーを施したさまざまな「入れもん」。
デスクトップ小物にテュッシュボックス、
マガシンラックにチェストのオーダーも可能な
わたくしの大のお気に入り、京都のイレモンヤ。
この写真の箱には文具を入れているのですが
箱に顔が付いているのがこちらの商品の特徴。
ティッシュボックスなら口からティッシュが出ます。
ファイバー素材で軽くて丈夫な箱です。

こちらのお店とお出会いがある前に
「京都捏製作所」というオリジナルのつくねが美味しい店を訪れました。
この店は酒器とお箸が選べ、
たくさんのお箸が入っていたのがこちらイレモンヤの箱でした。
誰もが「かわいい!」と声を上げる愛らしさです。

それから数日後、
二条通のショーウィンドウから笑顔で呼びかけられたのが
イレモンヤさんとのお出会い。
「あ、つくね屋の箸箱…。」

実際お店の中をを覗かせてもらったのは
今年の初売りの日で
ちょうどお買い得商品が二階に並んでいました。
町屋を改装した、明るいながらも落ち着いたいい雰囲気の店です。
あれこれ迷いながら好みの物を探す楽しさと言ったらありません!


京都捏製作所さんは知る人ぞ知る人気店だったようですが
この5月に惜しまれながら店じまいし、
店主の故郷の博多にお店を構えることになったそうです。
博多にあの箸箱は持って行っておられるかなぁ…。
お店の箸箱はオレンジでした。
博多で
「京都からおいしいつくね屋が来た」という評判が聞けるのも
そう遠い日ではないでしょう。

テーマ: ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル: 趣味・実用

tag: 京都 御所 イレモンヤ 二条通 博多

最近の真夜中のオタノシミ②

「横溝正史&金田一耕助シリーズ・DVDコレクション」を買い続け
目を充血させながら真夜中の鑑賞です。
この歌もエンディングに流れていた歌。


犬神家の一族の京マチ子さま。

当時は
先般ご紹介した「あざみの如く棘あれば」しか記憶にありませんでした。
聴けばすぐに歌えてしまうメロディは
70年代の歌謡曲の親しみやすさからでしょうか。

美しく妖艶な主人、
謎をまとう若い
視線の突き抜けた童
展開を惑わす老の存在…。

横溝作品には個性あふれる魅力的な女性がたくさん登場します。
めまいを感じながら
物語の片隅に押絵のように埋め込まれたい欲求にかられます。

ミステリーに酔う真夜中の悦楽です…。



テーマ: 懐かしドラマ
ジャンル: テレビ・ラジオ

tag: 金田一耕助 横溝正史 京マチ子

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ