ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、大相撲観戦。熱烈すぎない阪神ファン(元阪急ブレーブスファン) 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

さよなら午年

突然ですが

2015年最初の記事から

ブログの名前を変えます!



はじめはきものの整理のため始めたブログですが
様々な方にご訪問をいただき、
わたくしも様々な方々の仕事、趣味、こだわり、喜怒哀楽を覗かせていただくにつけ
着物以外の自分の生活を書いてもいいかなという気になりました。
実際きものに関する記事は書かなくなってきていましたので
「きもの」と銘打つ事に違和感を覚えはじめました。
そんなこんなで、FC2ブログでいうところの「ブログの名前」からからきものを外す事に決めました。
でも着物を捨てたわけではありません。

いまわたくしが一番見ていただきたいのは写真です。

まだまだ思うようには撮れませんが
カメラを通して色んな風景・事象を知り経験し人と出会いたいと思っています。



        ●        ●        ●



現在リンクをして下さっている、お心の広いあなた。
ご面倒ですが次回、タイトルの変更をよろしくお願いいたします。
これを機にリンクしてやろうとお考え下さるアナタ、
貴方に足を向けては眠れません。
ランキングに参加されている方には必ずポチします。
御ブログからリンクしていただいていますのに
「そっちからも待ってるゼ」とおっしゃるあなた、
気が付かずすみません。
ご連絡をお待ち申し上げております。


これは水仙です。● 2015年もよろしくお願いいたします ●これは鏡餅です。

スポンサーサイト

テーマ: 馬の写真
ジャンル: 写真

tag: 着物 きもの カメラ 写真

ドラマチックトーンで撮る京都②

以前は勝手に怖いイメージを抱いていた京都の安井金毘羅には
最近若い女性がたくさん訪れるため
すっかり様子が変わり華やかな雰囲気さえ感じられます。
でもわたくしにとっては、いつまでも畏怖の地です…。

昔は怖いイメージのあった安井金毘羅。

女の子がキャッキャ言いながら絵馬を書く境内は、わたくしが見た事のない風景でした。
縁切りの願掛けをするので有名な神社で
わたくしが初めて訪れた時には
絵馬におどろおどろしい内容が書かれてあり、
実名出して住所まで書いて恋敵を呪うようなものが多くかかってありました。
今は「病気と縁が切れますように」とか
「決断力のない自分と縁が切れますように」などとみなさんお利口さんで
わたくしは怖いながらも
以前の、思わず後ずさりしたくなるような境内の方がよかったなぁと…。
その雰囲気を出すべく、
オリンパスのアートフィルター「ドラマチックトーン」で撮ってみました。


こちらは南座から四条通を挟んだ北側の「北座」。
現在は劇場ではありません。
北座。
「そんなもんあったっけ」と言う人が多く、意外と目立たない。


20141228.jpg

四条大橋の南、どんぐり橋から鴨川を挟んで
右に南座、左に北座のビル。
南座の楽屋の屋上からは京都タワーも見えるそうです。
ということは、京都タワーに上ったら南座も見えるということですね?
一度上ってみようと思いながら
なかなか実行に移せないのは
意外と地元の方に評判がよくないせいもあるかもしれません。
そればかりか
先日、京都タワーに隣接するヨドバシ京都店へ行ったときにも
修学旅行生が京都タワーを見てこう言いました。

「ちっせぇ」


いつか京都タワーを格好良く撮るのに挑戦してみようかしら。


テーマ: ■京都を撮る■
ジャンル: 写真

tag: 京都 オリンパス 四条通 南座

雨の下の革手袋

片方なくした手袋、あきらめられますか?

amenosita.jpg
何を撮りたいのか意味不明な写真になりましたが、この階段で何かが起こっていた。

ある雲の厚い朝に、京都で時間をつぶすため
四条通を東山の方向へ歩き出すと雨が降ってきました。
遠くへ行くのはあきらめ、八坂神社の西門から正門(南側)へ抜けたとき
後ろからよつばのタクシーがわたくしを追い越して行きました。
よつばのタクシーといいますのは
八坂タクシーの超優良ドライバーにしか許されない車で
通常みつばの天井灯がよつばになっています。
用事がなくとも見かけたらとりあえず乗っとけ、というくらい
ふだんお目にかれない車なのです。 →26.12現在4台。
おみくじで大吉を出すよりおめでたい事なのです。
何かいいことがあると祈念しつつ雨の中、
傘は持っておりましたが
いったん雨宿りできる場所へと
祇園花月へ立ち寄りました。


祇園花月はまだ開演前で
博多華丸・大吉の出番があるのを見て
ここで時間をつぶすのもいいかなと思っていたところ、
「手袋、落ちましたよ」と声をかけて下さる方が。
お礼を言って拾って
手袋の相方を確認しようと…ない。

手袋が片方、ない(泣)

どこで落とした、雨の下の革手袋…。

続きを読む

テーマ: ブログ日記
ジャンル: ブログ

tag: 京都 八坂神社

ドラマチックトーンで撮る京都

万年筆が好き、カメラが好きというだけで
わたくしをオッサンと呼ぶ池津の弥太郎君(仮名)は
わたくしとは持っている機種は違いますが同じオリンパスユーザーであり
撮った写真を時々見せ合うのも楽しみのひとつです。

ドラマチックトーンが映える京都。
八坂さんの西門。ローソンの前より撮影。

散々京都へ出掛けておりますのに
今まであまり撮影をしていなかったわたくしは
彼がわたくしとは違う目で京都を見ていた事に気付きました。
神社は常に再生の場所であると思うわたくしは
朱の鳥居はより鮮やかに見えるように撮影していたのですが
彼は
古いものをより古めかしく撮るのも趣きがある、と。


南座の西側から鴨川を挟んだ風景。

オリンパスのアートフィルター「ドラマチックモード」で
京都の魅力、再発見と再確認中。
コントラストが出て
昔の着色写真のような趣きがあります。
京都の厳しい寒さも表現できるような…。

撮影は観光地ばかりでなく
「着物が意外と似合わない街なか」も秘かに発掘中です。

寒いのに何してるんでしょうね、いったい…??


テーマ: ■京都を撮る■
ジャンル: 写真

tag: カメラ オリンパス 京都 鳥居

京・顔見世

先月末から理由あって
三日に一度くらいの割合で京都・烏丸御池近辺を徘徊しております。
それと同時に繁華な場所へも足を伸ばしました。
冬の京都といえばやはり、これでしょう。

京の恒例行事・顔見世興行。

四季折々に魅力ある京都ですが
冬の京を体感しなければ本当の良さはわからないのではないかと
大阪・北摂のわたくしは勝手に思っているのです。

歌舞伎を見た事がなくても、顔見世が何なのか知らなくても
南座をバックに写真を撮りたくなり
まねきや大提灯に心躍るのが
わたくしも含め観光客の正しい姿?でしょう。

この時、修学旅行の5人組に出会いました。
シャッターを押してもらう人を探していた様子の男子をみつけたので
「押してあげましょか」とこちらから声をかけました。
ちょっとはにかみながら同じポーズをとる子たちに向けて
使い捨てカメラ(ジーコジーコと回すやつ)のシャッターを押し
「どこからですか?」と聞くと
「熊本です」との事。
純朴な素直な少年たちでした。
写真の出来をわたくしも見たいなぁ…。

南座をバックに収まりよく人物を写すコツは
劇場から四条通を挟んだ歩道に立ってもらい
撮影者は京阪電車ののりばへ続く階段を2,3歩降りてカメラを構える。
機会がある方はお試し下さい。

       ●       ●       ●

昼と夜とはまた違った顔を見せる師走の南座。
京都好き、写真好きな方にはたまらなく魅力的な風景です。


テーマ: 京都
ジャンル: 旅行

tag: 京都 南座 顔見世 歌舞伎

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ