ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

案の定…新大阪。

先日ふらっと宝塚大劇場へ赴いた折、
遠方からいらした女性とお話する機会がありました。
その方は初めて宝塚に見え、
この日は新大阪駅前に宿をとっておられたそうです。

この写真は宝塚大劇場から武庫川べりへ出られる気持ちのいい場所。
川の対岸に温泉施設があります。

白いテーブルの上に鳩がいるんですわ…。

翌日神戸にご用がありとかで、どうせなら以前から興味のあった宝塚を観てみたいと
思い切って当日券を狙っていらっしゃいました。

わたくしはかねてより「新大阪駅は大阪の恥だ」と思っており、
以前記事にも書きました。    過去の記事:「オリンピックを大阪に!?」
そこで、その方にも聞いてみました。
「新大阪って何も無いでしょう?他の主要駅は立派なのに…」等々。
その方は控えめにおっしゃいました。

「ええ、新幹線の駅、よね?って思っちゃいました。」

おっしゃる通りです!!

神戸や京都へ行かれるのが目的で大阪観光が予定にない方でも
新大阪に宿を取られる方が現実におられるわけです。
梅田やなんばは素通りされる方もいるのです。

もうちょっと、見栄えよくなりませんか?新大阪。変化は感じますがまだまだです。
大阪の玄関が、一番大阪らしくないのです。
新大阪駅周辺が、もっとゆったりと華やかなエリアになってくれれば
その時こそわたくしは堂々と本物の大阪自慢が出来る気がしております。
momochika
スポンサーサイト

テーマ: 雑記
ジャンル: 日記

tag: 大阪 新大阪 新幹線 神戸 宝塚

宝塚・新発見!

10代でさんざん通った宝塚。
カメラを持ち歩くようになると、また違った新鮮な眼で街を見られるようになりました。

いいお天気!(暑)

阪急、JR宝塚駅にほど近い橋の上から、東側の宝塚大劇場近辺をパチリ。
駅から真っすぐ劇場に向かう方ばかりですので
この橋は人気(ひとけ)が少ないのです。
わたくしもこの橋を訪れたのは初めてでした。
駅から温泉街へ渡るのに便利な橋で、
この下を流れる武庫川と垂直に交わっていないところが面白く、
ダイナミックでありながら温泉情緒もあるという
宝塚ならではの風景ではないでしょうか。

中央の朱色の屋根の連なりが宝塚大劇場です。
武庫川のゆったりした流れを中心に撮るのもよし、
この先に見える宝塚大橋と並行して走る阪急電車をメインに狙うのもよし、
…とすっかりカメラ視点。



ちなみにこの日はふらっと気まぐれで当日券で観劇したため
着物での観劇は無しでした。
今度は温泉街もぶらっと歩いてみたくなりました。
カメラに感謝!!
桃千佳♪

テーマ: 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
ジャンル: 地域情報

tag: 宝塚 武庫川 温泉 カメラ

夏のバッグ

今年は持って出掛ける機会がありませんでした、夏のあおりバッグです。

岡重さんの染めです。

絽縮緬に染め・縫いが施してあり、生地としてはまだもう少し持てる物ですが
柄が夏真っ盛りな感じですので
もう今年は持つのをあきらめました。

裏面です。

この夏はつい楽な方へ流されて洋服ばかり着ていました。
きものの好きな皆さんのブログへお伺いしますと
夏も楽しんでいらっしゃるし、尊敬します 

底にもちゃんと柄があります。

夏の着物を洗いに出す手間が省けていいわ、などと言ってはいけませんね。
反省しております!
☆桃千佳☆

テーマ: 着物・和風小物
ジャンル: ファッション・ブランド

tag: きもの 着物 バッグ

天地明察

岡田准一クン主演の映画「天地明察」は9月15日全国ロードショー!
テーマは「江戸×天文」。

「天地明察」チラシ。横山裕君の美しいスキンヘッド…う~ん、美坊主♪

宮﨑あおいさんは、お若いのにお着物のイメージもありますね。
何色にでも自分を染められる、透明感のある存在感を示しておられます。
以前、きものスタイリストの方にお聞きしたのですが
若い女優さんは、着物を自分で着られても着られなくても
着物が似合うようにならなければ将来生き残っていけないのだそうです。

「おくりびと」の滝田洋二郎監督が
岡田准一クンと宮﨑あおいさんに何を着せたのか、ぜひ見てみたい!
水戸光圀役の中井貴一さんが葵模様の優雅な染め物をお召しの写真もあるのですが
女羽織にでも出来そうなおしゃれな雰囲気です。
時代ものを見る時、現代ならどう工夫すれば着られるか
そんなところを見るのも楽しみのひとつです。

天文ゴールデンイヤーだった今年、
この映画も、思わず空を見上げたくなるような映画なのかもしれません。
☆桃千佳☆

テーマ: 映画チラシ
ジャンル: 映画

tag: きもの 着物 映画 羽織

源氏香図の帯留め (藤袴)

以前香道のお稽古をしておりましたので源氏香図が好きです。
きものや帯の柄になると
大胆な意匠になるものが多いのですが
これはやさしいかんじで使えます。

東京の作家さんのものです。手描きです。

きもの好きなら源氏香図をどこかで見られたことはあるでしょう。
香図の見方はまた別の機会に書ければと思いますが
この図は「藤袴」。
源氏物語の藤袴は五十四帖のうち第三十帖。
植物のフジバカマは秋の七草のひとつ、
花期は8~9月ですのでちょうど今頃のものですが
今では野生のものを見ることは難しいそうで、絶滅のおそれがあるとか。

一見、季節は問わなさそうな絵柄なのですが
この藤袴の帖の内容を理解しながら使えればと思います。
源氏香図には、源氏物語の各帖に対応させる楽しみがあり、
なんともぜいたくな遊びです。
桃千佳♪

テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

tag: 源氏香 源氏物語 藤袴 きもの

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ