ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

溜塗(ためぬり)文庫

帯揚げは箪笥には入れずにこの文庫に保管しています。
帯と小物を置いて合わせてみたい時、このまま運べるので便利です。

通販で購入した溜塗文庫。軽くて丈夫です。上に同じものを重ねても変形しません。
この帯揚げは全部夏物。絽縮緬、紗など。

小物も気が付けばあれよあれよという間に増えてしまったので
もうこの文庫二つ分に収まらない帯揚げは買わないと決めました。
実際、気に入ったものばかり使うので
わたくしの場合、帯揚げはそれほど数はなくともよいと気が付きました。

小物の処分にも困っています。
特別汚れていなくても
もうこれは使わないなと思うものがいくつかあります。
きものや帯と違って、
「よかったら使って」とは言いづらいのです。
シワが付きますしどうしても使用感が現れます。 
かといって他の衣類と一緒に処分するのも気が引けますし
絹の布として手芸用に使うのもいっぱいいっぱい…。

小物類の保管・整理はまだまだ考える余地ありです。
この文庫とは長い付き合いになりそうです。

スポンサーサイト

テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

tag: 着物

赤い紐(宝物)

きもの好きなら誰でも知っている「道明」さんの帯締め。
これはわたくしの一番大切な赤い紐です。

白いクマはコーチのチャーム。ソフトバンクのお父さんとよく間違えられます。赤い小物入れはオオバセイホウのアクセサリートレイ。旅行の時必ず持参します。

ずっとずっと前の誕生日に
大好きな方からいただいたもので
その方はわざわざ東京・上野の道明さんまで自ら出向いて
わたくしのために店の方と相談しながら選んでくれたそうです。

色は「本紅」。

身に着けるのが気後れするくらい鮮やかな発色のよい美しい色で
いつまでもこの色が似合うように
若々しくありたいと
自分への戒めにもなっている帯締めです。

本気か嘘か
「あんたこの紐で首くくってもいいよ」って。
世を儚んだらそうしようかって。。。

…まだまだそんな気はありませんからね!




テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

tag: 帯締め 道明

ちりめん

声楽家の友人とミュージカルを観に出掛けた時のこと。
終演後に感想など語り合っておりますと
友人が「あの人の声はちりめん入ってるからねぇ」と言い、
どういう意味なのか聞ききますと
きもの着るんだから分かるでしょ、あんな感じよ…とのこと。

これはポリエステルの縮緬。見えないでしょう?

緊張で震えるのとはまた違うようです。
なかなか面白い表現だと思いました。
でもそれ以来「ちりめんの入ったような声」の人に会ったことはありません。

さてこの麻の葉模様は
京都の幾岡屋さんで求めたもので
左が風呂敷、右が鏡。
色が微妙に違います。
どちらも単品で販売されていたものですが
幾岡屋さんでは希望すれば
風呂敷や半襟などを色々なものに加工して下さいます。

しかし、ちりめんの入った声というのは
決して褒め言葉ではないみたいですね。
それだけが少し残念です…。

テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

tag: きもの ちりめん

祖母の帯揚げ

もう数十年前になりますが
祖母の遺品の整理をしておりますと
わたくし好みの色柄の絞りの帯揚げが出てきました。

絞りの帯揚げが似合うようなタイプの祖母ではなかったのですが…。

他の身内は祖母の大島をコート(洋服)に仕立てたり
帯地をバッグにしたりしたようですが
わたくしがそのまま使えるものは無く、
この絞りの帯揚げを何かに使えないかと箪笥の奥にしまったままでした。

鼻緒を仕立てるか、小さな袋物をこしらえるか。
このまま帯揚げとして使うのも悪くはありませんが。

祖母は若い頃に
地元の市議会議員選挙に立候補したことがあるくらい弁の立つ人で
…議員をしていた話は聞いたことがないので落選したのでしょうが
小さな体に似合わない声量のある人でした。
70代になっても着物を新調する着道楽で
もっと着物の事を教わっておけばよかったと思う今日このごろ。

この布を見ると
祖母の学生時代の自慢話を繰り返し聞かされていた毎日のことを
苦笑しつつ思い出します。

テーマ: 着物・和風小物
ジャンル: ファッション・ブランド

tag: 帯揚げ 絞り

軍配の根付け+家紋

大相撲春場所真っ最中です。
大相撲が好きで、何か小物で楽しめないかと
神戸の作家さんに彫ってもらった軍配。
素材は貝です。

オモダカヤの贔屓ということではなく…。(笑)
家紋は丸におもだか。

この根付けの裏側の柄はこちらです。(過去の記事)

初めて大相撲を生で観たのは
ある年の春場所の千穐楽。
会場に足を踏み入れ最初に目にした土俵上では
その日までに決まらなかった三段目優勝がかかった取り組みの最中でした。

目立って細くちいさな力士が
3倍以上はありそうな力士をなぎ倒していきます。
よほどの相撲ファンでないと名前がわからない力士の取り組みに
会場がどよめき、
わたしくしも最初からすごいもの見ちゃったなーと
大相撲の魅力にはまりました。

そのとき三段目優勝を果たしたちいさな力士が
今の横綱・日馬富士です。(当時の四股名は安馬)


今場所は観に行けるかな~と思っているうちにもう8日目。
千穐楽までにカメラ持って出掛けたくて
ウズウズしています!

テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

tag: 相撲 軍配 根付け

何を入れれば?印籠

この紋どころが目に入らぬか、という種類のものではありませんが
漆塗りに蒔絵を施した印籠です。
紋でなくても印籠と言ってよいのか不明ですが。

小さいですが本物です。下の写真は裏側です。どちらが表で裏かはわかりません。

こちらは京都・祇園北側の「かづら清老舗」(かづらせいろうほ)さんで求めました。
きものの好きな方、京都の好きなかたなら
ご存じの方の多いお店ではないでしょうか。
髪飾りの愛らしいものがたくさん揃っているお店で、
お嬢さんの成人式のために遠方からわざわざお越しになる方も。
帯留めなどのアクセサリーも充実したお店です。

修学旅行生が気軽に立ち寄って
京小物を求める姿が多く見受けられ、いつも賑やか!
ちょっと高級感のあるこんな品を
大切な方へのプレゼントにいかがでしょう?

「ステキ!」と飛びつき、帯にぶら下げようと思い求めましたが
さて、中に何を入れましょうか。
わたくしは練り香を入れたりしますが
中に紐が渡っているため多くは入らず、
他にはせいぜい仁丹くらいしか思い浮かびません。

飾りとして割り切ったほうがよさそうですね。

実物はこの写真の四分の一くらいの大きさです。

**桃千佳**

テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

tag: きもの 京都 祇園 印籠

麻の葉と源氏香図

先日記事にしました柴咲コウさんのお着物は麻の葉の模様でした。
テレビCMで見ましたら、濃い緑色の帯を合わせておられました。
小物などもっとじっくり見たかったのですが
またそのうち見る機会はあるかと思います。

こういう小物でしか、なかなかピンクは使いづらくなってきました。

これはお恥ずかしくも、わたくしの帯板なのですが
小さめで、名古屋帯などに気軽に使えるものです。
京都・寺町通りの「ゑり正」さんで求めました。

麻の葉模様の地に源氏香図、うさぎ、花びらが散っています。
きものの好きなかたにはどれもなじみのある柄。
源氏香図は「真木柱」です。


そして、ここにもたまたま見つけた麻の葉と源氏香図。
            ↓
            ↓

お顔は載せておりませんが、とっても可愛いお嬢さんですよ!
鏑木清方 「初夏の化粧」 の一部

帯に麻の葉、鏡に源氏香図。
たまたま見つけたと言いますよりは
どちらも生活の中に溶け込んでいた柄なのでしょう。
こちらの源氏香図は「御法」。
全部同じ図が装飾してあるように見えます。
「御法」は紫の上が亡くなってしまう帖なのですが
女性のお道具にそれを使うのを
縁起が良くないという考えはなかったのでしょうか。
ただ単に図の格好がよかったとか?
真意のほどは不明ですが…。

帯留めなど主張のあるものについては 物語の内容にも少し気を配りたいところです。
◎桃千佳◎

テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

tag: きもの 麻の葉 源氏香

夏のバッグ

今年は持って出掛ける機会がありませんでした、夏のあおりバッグです。

岡重さんの染めです。

絽縮緬に染め・縫いが施してあり、生地としてはまだもう少し持てる物ですが
柄が夏真っ盛りな感じですので
もう今年は持つのをあきらめました。

裏面です。

この夏はつい楽な方へ流されて洋服ばかり着ていました。
きものの好きな皆さんのブログへお伺いしますと
夏も楽しんでいらっしゃるし、尊敬します 

底にもちゃんと柄があります。

夏の着物を洗いに出す手間が省けていいわ、などと言ってはいけませんね。
反省しております!
☆桃千佳☆

テーマ: 着物・和風小物
ジャンル: ファッション・ブランド

tag: きもの 着物 バッグ

源氏香図の帯留め (藤袴)

以前香道のお稽古をしておりましたので源氏香図が好きです。
きものや帯の柄になると
大胆な意匠になるものが多いのですが
これはやさしいかんじで使えます。

東京の作家さんのものです。手描きです。

きもの好きなら源氏香図をどこかで見られたことはあるでしょう。
香図の見方はまた別の機会に書ければと思いますが
この図は「藤袴」。
源氏物語の藤袴は五十四帖のうち第三十帖。
植物のフジバカマは秋の七草のひとつ、
花期は8~9月ですのでちょうど今頃のものですが
今では野生のものを見ることは難しいそうで、絶滅のおそれがあるとか。

一見、季節は問わなさそうな絵柄なのですが
この藤袴の帖の内容を理解しながら使えればと思います。
源氏香図には、源氏物語の各帖に対応させる楽しみがあり、
なんともぜいたくな遊びです。
桃千佳♪

テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

tag: 源氏香 源氏物語 藤袴 きもの

和菓子のような帯留め

花のような、お菓子のような、この時期の帯留めです。

食べられそうに見えるんですよ。

最近自分では積極的に撮影に行けないので
写真をメインに記事を書いておられるブロガーさんのところへ
よくおじゃまします。
写真を撮られる方の視線というのは
きもののコーディネートの上で勉強になります。
風景を思うままに切り取る、という作業は
洋服と違ってデザインが定まった着物と帯の柄のバランスを考えるのに
似ているところがあるように思います。
特に、何を主題にするかという点ですね。
着物も帯も両方主張が強すぎては着心地が悪いはずです。

下の金具が透けて見えるのは、ちょっぴり残念。
でも、それ、おいしそう…なんて言われると嬉しい小物です。
***桃千佳***

テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

tag: きもの 着物 帯留め 写真

きものの写真は難しい

ここで今わたくしが言います「きもの」とは
着物姿と言うより布地や小物を置いて撮る時のことなのですが
素人には限界があるなとつくづく感じます。

絞りのトンボ、大好きです。今シーズンはまだ一度も使っておりません。。。

上の布は絽の帯揚げです。今の時季に使うものです。
箪笥の中で整然と並べてあるような雰囲気で撮りたいのですが
真っすぐのものが真っすぐ並べられません。
実際に使用しているものなのでシワが寄ります。
絽目を美しく出そうとすると寄って撮る事になるのでシワが目立ち、
絹の重なりの美しさを出そうとすると厚みで膨張してしまいます。

背の一ツ紋だけ撮ろうとすると
畳んであるきものをある程度広げないと撮れない煩わしさ。
露出を上げると色みが出ない。
きものや帯を平らに置いた時の、ほんの少しの起伏に出来る影、等々…。

自分のイメージ通りに撮るのに苦戦しております。

カメラを手にしてから、きものとのかかわりがまた違ってきたように思います。
ああでもない、こうでもないとビューファインダーをのぞきながら
小物を動かしている時間は他の一切を忘れて夢中になります。
そんな時間を持てる事に幸せを感じる今日このごろです。
桃千佳♪

テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

tag: きもの 着物 帯揚げ

カメラの帯留めが欲しい

カメラが好きなので、カメラの帯留めが欲しいのですが
自分で作らないとなさそうです。
この紐の上に置いた小さなカメラはペンダントトップです。
まだ帯留めとしては使えません。

クリーム色のきものを着て…と仮定して。

無理に帯留めにせずとも、根付けとしてぶらさげても良いですね。
しかし、このカメラの大きさ、帯留めにちょうど良さそうです。
ペンダントトップにしては大きめなのです。
クラシックなカメラですので、きもの姿にも合わせられそうな雰囲気です。
でも、夏にはちょっと暑そうに見えますね。

下の黒地は半幅帯です。
豊中・織元さんのオリジナルで、浴衣にも使えます。
羽織下にも便利に使えます。

いつか着物で撮影旅行、なんてしてみたいです (^-^)
☆桃千佳☆

テーマ: 着物ライフを楽しみましょう♪
ジャンル: ファッション・ブランド

tag: カメラ 帯留め 半幅帯 ペンダントトップ

イニシャル【C】

イニシャルが「C」なので馬蹄形のものを集めています。

右のチャームは指輪にも使えるんです。どうやって使うのか、ちょっとわかりにくいですか??

わたくしは大人しい阪神タイガースファンです。
タイガースグッズはいかにも「トラ!!」と主張の強すぎるのが嫌で
滅多なことではグッズには手を出しません。

それとイニシャル「C」とどういう関係があるのか?
C」なら広島カープではないのか?とのご指摘もごもっとも。
今シーズンから、野手キャプテン鳥谷敬選手と、投手キャプテン藤川球児投手
ユニフォームの左胸に、 キャプテンの「C」 の文字が。
あれはかっこいいなぁ…と思い、
キャプテンマークグッズはないのかしらと
阪神百貨店8階タイガースショップへ見に参りました。

すると、応援ユニフォームに貼れるようなワッペンを発見。
でも、それだけです。
普段づかいするには大きいのです。
もっと気軽に使えるようなもの…シールとかバッジとか…。
そういうものはないですかと女子店員さんにお聞きしたところ、
やはりワッペンしかないとの事。

いかにもトラ、というものではなくて
一見タイガースと関係があるとはわからないけれど
わかる人にはわかる、という
キャプテンマークのグッズを作ってもらえないでしょうかと
お話しをしてみました。
女子店員さんには気持ちが通じたと確信しました。
ちゃんと上の方へ要望を上げていただけるとのこと。

いつかタイガースグッズに「C」の
ストラップやキーホルダーなどが加えられたら

それはわたくしの手柄です。

よろしくお見守り下さいませ。
桃千佳(トラ)

テーマ: 阪神タイガース
ジャンル: スポーツ

tag: C 阪神 タイガース キャプテン 阪神百貨店

絽ちりめんの帯揚げ

この時季活躍する、絽ちりめん。
着物で着てみたいあこがれの生地です。
これらは両方帯揚げです。

星型、好きです☆ 市松です。

きものの本には季節毎の更衣やふさわしい生地が解説してありますが
本によっても書いてある事が違いますし、
地域による違いも当然あります。
ここ数年でも、解釈が変わって来ているようにも思います。
このようなお洒落着用の帯揚げの場合は
「暑苦しく見えるようになったら使わない」
よいのではないでしょうか。

絽ちりめんの半衿も今の時季ならではのお楽しみです。
しっとりと柔らかな風合いです。
帯揚げの場合は、帯の中にふっくらと収まりがよいのも魅力です。

日本人ならではの、繊細な皮膚感覚を感じられる生地です。
他の記事へ飛びます。

テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

tag: きもの 着物 ちりめん 生地 帯揚げ

薔薇の扇子

薔薇が咲く今の時期が一番ふさわしいと言えますが
わたくしは薔薇好きですので年中帯に挿しています。
宇野千代様のさくらのように…。

パールがかった紙に描かれてあります。

薔薇のきものや帯をたまに見かけることはありますが
どうしても主張の強いものになってしまうようですね。
今のところ、薔薇はこの扇子や帯留め、半襟など
小物で楽しんでおりますが
もしきものか帯で着られるのなら、
色無地に縫いで薔薇を入れたり、
たくさんつぼみをつけた中の一輪だけ咲いている絵とか
見つけて下さった方だけに楽しんでもらえるような
そんなものを作ってみたいです。 自己満足…。

こちらもぜひご覧ください。
 薔薇の半襟  (←過去の記事へ飛びます)
 薔薇の帯留め (←過去の記事へ飛びます)
他の薔薇小物の記事へ飛びます!

テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

tag: 薔薇 扇子 きもの 帯留め

万能な帯揚げ

気候の変化で着るものに困ってしまうことがありますね。
でも、それだけ季節の移りかわりに敏感でいたいですね。
縮緬のしぼの大きな帯揚げは、見た目にも暑い今日この頃。
かといって夏の素材にはまだ早い今は
このあたりのさらっとした帯揚げが使い良いと思います。

京都・幾岡屋さんでお買い得なお品でした。   グレイッシュで淡いドットは使いやすいです。

薄いピンク地です。京都寺町・ゑり正さんで。   春でも秋でも使いやすいです。 

目立たせたり、なじませたり。
その人によって思い思いのコーディネートが楽しい帯揚げですが
帯ときものを繋ぐ役割は、ことによっては
帯締めより難しいことがあります。
礼装の場合は定番を外さず薄い色づかいが望ましいですが
おしゃれ用には、目立たせるか、なじませるか、
着る人の雰囲気で決めるとうまくいくように思います。

これらはもちろん今の時期だけではなく、
薄物を着る時季以外なら使える帯揚げです。
桃千佳

テーマ: 着物ライフを楽しみましょう♪
ジャンル: ファッション・ブランド

tag: きもの 帯揚げ 帯締め

鳥とサクランボの帯留め

サクランボは貝細工、鳥は(これ、鳥なのです)カエデの木です。

丸いものが好きなのです!

サクランボは天然のピンクの貝で彫ってあるもので、
着色ではありません。
この作家さんは花でも動物でも、図鑑を見て彫られるのだそうです。
だから絵心なんてありませんよ、と
カラッとおっしゃっていたのが印象的でした。

鳥の方は東京の作家さんのもの。
一見何かわからないような物が、実は大好き。
機会を逃さず使いたいと思っています。

美味しいサクランボは、本当に美味しいですよね。
このまま帯留めにしてしまいたい!といつも思いながら
甘酸っぱいのを楽しみにいただきます!
◎桃千佳◎

テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

tag: きもの 帯留め サクランボ

お懐紙入れ

お気に入りの懐紙入れです。
今は和のお稽古をしておりませんので使う機会は少ないのですが
鞄に余裕のあるときは持っておくと
何かのときに役に立ちます。

菓子切りが迷子にならないように、根付け紐を付けています。

懐紙入れを帯のお太鼓の中に入れ、そっと取り出すときの
きものならではの所作が好きです。

わたくしは長財布の小銭入れ部分に懐紙を入れて
中が汚れないようにしています。
破れたり汚れたりすると懐紙を取り替えます。
普段使いには可愛い柄の懐紙など、ついつい欲しくなります。

凝る方は、きものや帯の色柄に合わせて懐紙入れもお持ちになられるようですね。
わたくしにはとてもそんな余裕はありませんので
これだけを大切に使っております。
☆桃千佳☆

テーマ: 着物・和風小物
ジャンル: ファッション・ブランド

tag: 懐紙 きもの お稽古

桜の風呂敷

きれいな柄の風呂敷をみつけるとつい欲しくなりますが
最近使う事が少なくなりました。
これはたいへんしぼの大きな縮緬(ちりめん)地です。
きものでは着られないような生地です。

ちりめんなので、お弁当を包むのにはもったいないです。 

きものも帯も季節を先取りしたいので
桜の咲いている時に桜のきものは余程の趣向がないと着ませんが
風呂敷や小物は使いたいです。
濃ゆい地のピンクと、葉の緑がまさに補色で
鮮やかですがゆったりした気分になれます。
ピンクには癒しの効果もありますからね。さくら*さくら

近頃は紫外線が気になってお花見もゆっくり楽しめないような
心に余裕のない慌ただしい生活をしておりますが
この風呂敷を広げて一人お花見気分!
これにちょっと日本酒があれば
この春はわたくしにはじゅうぶんなのです。



今日は文章を霞のような配置にしてみました。 桃千佳♪**

テーマ: 着物・和風小物
ジャンル: ファッション・ブランド

tag:  風呂敷 きもの 縮緬

さくらさくら

同じ柄のさくらの風呂敷と帯揚げです。 *さくら*

春霞のかかったような雰囲気を出したかったのですが、ちょっと白すぎましたね。

上のクリーム色が風呂敷。うっすらと横に筋が見えますか?
これ「絽ちりめん」なのです。
なのに絽ちりめん?いつ使うの?
わたくしはこういう「???」というようなものを
放っておけない性質なのです。
手元に置いておきたくなるのです。
京都・幾岡屋さんで求めました。

そして下の水色地は帯揚げ。挿し色として使うのにいい色です。
きものも帯も柄の主張のない時使いたくなります。
時季はずれにを使って、もし知らない人に
「あら、今頃なの?」と 言われたなら
「わたくし、名前が "さくら" ですの。おほほほ…」と
しなを作って言い返そうと思うのですが
まだ言われた事はありません。

でも秋に咲くもありますから(コスモスのことではありません)
好きなら着ましょう、宇野千代さんのように。
***桃千佳***

テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

tag: きもの 帯揚げ さくら 絽ちりめん 風呂敷

軍配の根付け

大相撲春場所(大阪場所)に今年こそは行きたかったのですが
今年は忙しさに取り紛れてちょっと無理です(涙)

ちゃんと裏も彫ってもらってあります。

この根付けは神戸の貝細工の職人さんに彫ってもらったもの。
最初、相撲にちなんだ柄の帯留めが欲しく、ご相談したところ
「帯留めより、根付けの方がさりげなくお洒落で良くないですか?」
とアドバイスを受け、根付けを作っていただくことに。
紐の色はおまかせで。

お相撲に興味を持ちましたのは、特に贔屓の力士があったわけではありません。
伝統的な物への興味、そして「力士の着物姿をナマで見てみたい
ということもありました。
春場所はまだ寒い日も多く、関取のきものコート姿も拝見出来ます。
若い力士の着流し姿に関取衆の袴姿、この時期ですとまださすがに
浴衣姿は見受けられません。

若い力士のお召し物には女物にもなりそうな
少し可愛い小紋柄なども見かけます。
着物を拝見しているだけでも楽しくて、
わたくしは会場内に入らなくても
大阪府立体育会館の周辺をぶらぶら着物ウォッチングすることもあります。

千龝楽は25日。
全勝力士はいなくなりましたが、さて優勝の行方は…?
大阪出身の力士は、やはり応援したくなります!

テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

tag: 着物 根付け 貝細工 力士 大相撲 帯留め

翡翠(かわせみ)の帯留め

かわせみは「翡翠」と書きますが
「翡」がオスで「翠」がメスです。
このかわせみの帯留めはお稽古仲間とお揃いで注文して作ってもらったものです。

この作家さんの帯留めが好きで、他にもいくつか求めました。カエデの木は軽くて加工がしやすいそうです

素材はカエデの木。彫ってもらうものより描いてもらうものは
自由度が高いので、注文する時にイメージを伝えやすく
好みの物をお願いしやすいです。
お稽古場がかわせみにちなんだ名前をいただいていましたので
京都の和装小物店・きねやさんにお願いし、東京の作家さんに描いてもらいました。
世界に二つしかない帯留めです。
と言いましても、手描きですので微妙に違います。

ちょうどヒスイのピンキーリングがあったので添えてみました。
下に敷いてあるものは「いちご錦」という名物裂です。
以前、六花亭のいちごチョコの記事にも登場させました。
いちご錦いちごチョコの取り合わせ…わかっていただけましたか?

そのお稽古事には通わなくなってしまいましたが
お揃いを持つお稽古仲間はわたくしにとって
いざという時頼りになるような温かい存在。
この帯留めは、いわば信頼の証ですね。
…と、わたくしは思っております。
桃千佳★

テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

tag: 帯留め ヒスイ 翡翠 かわせみ いちご

鮫小紋のお扇子

京都・宮脇賣扇庵さんの鮫小紋のお扇子です。

お扇子入れは豊中・織元さんで。

お扇子が好きで、好みのものをたくさん集めました。
宮脇さんのような専門店に参りますと
しばらく店から出て来れません。

先日、セレブな方々が読まれる月刊誌で
休日は着物でお出掛けしますという方のお姿が載っていました。
銀座の和光が見えていましたから、銀座は銀座でもど真ん中。
とても素敵なお着物をお召しでしたが
お扇子の挿し方がさかさまでした。
どう見ても、かなめが上を向いているのです。
何か特別の意味があるのをわたくしが知らないだけなのか?と
軽く思い悩みました。
実際、挿しにくいと思うのですが…。

お扇子は鞄に入れてもかさばらないので
お土産にもぴったりですね。
お宮さんや博物館のミュージアムショップでも
お扇子をよく探しています。
桃千佳じるし





テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

tag: 京都 扇子 土産 着物

桜のショール

桜が咲いてお花見に出かける頃にはまだ肌寒い日もあります。
人出も多く、せっかく多くの方にきもの姿を見ていただける絶好の機会ですのに、
コートできものも帯も覆ってしまってはもったいないと思われませんか?

下のカラシ色は別のショールです。

お花見に何か重ねるなら羽織がちょうどよいと思いますが
それほどでもないという時はショールが便利ですね。
桜が咲いてから桜のきものや帯はわたくしはあまり使いませんが
ショールならさりげなく楽しめます。

かと思えば汗だくになってしまうような日もあります。
桜の咲くころ…京都・祇園で都をどりが開催されている時に
着物巧者の方々は、もう紗などの透けるコートをお召しです。
いつも以上に華やかなお着物姿を多くお見かけします。

たくさんのお着物姿を拝見して、
わたくしも感性を磨きたいと思っております。 
 さくら♪さくら♪

テーマ: 着物・和風小物
ジャンル: ファッション・ブランド

tag: きもの 羽織 ショール 着物

好きで持てない鞄

帯地のバッグです。
染め帯の巾をそのまま活かしたらバッグにちょうどよいようです。

中の仕立てもしっかりしています。ポケットも付いています。

これと色違いの染め帯を持っています。
端の黄色い部分が赤です。

このバッグは、バスに乗っていて信号待ちしていた時に
たまたま呉服屋さんが目に入り、
ショーウインドウに飾ってあったこのバッグに目が釘付けになり、
思わずバスを下り、
初めてのお店だったにもかかわらずお取り置きを頼んでしまったという
暴挙に出てしまった思い出があります。
何故かこのバッグはわたくしが持って帰らねばならないと思ってしまい…
若気の至りです。

赤の染め帯と黄色いバッグ、同じ柄で
組み合わせはしませんけれども。

中から飛び出した四角いものは、京都・幾岡屋さんで誂えた折りたたみの鏡です。
絞りの半襟でお座敷かごと鏡を仕立ててもらいました。
桃千佳☆



テーマ: バッグ
ジャンル: ファッション・ブランド

tag:  染め帯 バッグ 京都

井澤屋さんのおまく

京都・井澤屋さんのおまく(まくら)です。
正座用として一般的な組み立て式の物には気に入った物が見つけられませんでしたが
これは布の色が選べますし、軽く、柔らかく、
見た目も可愛いので気に入っています。

中身ときれは別々に選べます。新幹線の車内で膝の上に置いたら、その上に手も置けますし、気持ちよかったです。

正座時にお尻の下に放り込んでおくのはもちろん、
座席のシートと身体の間に挟んでも気持ちいいです。
帯にしわが寄りにくくなります。
こういうものを使っては失礼な場には持参しませんが
あらかじめ正座が分かっている、気楽な場に用意します。
少しかさばるのが難点ですが。

おまくの下の紐は同じく井澤屋さんで求めた帯締め。
白っぽいグレーで、紐の先の方に付いている玉状のものは
好みの位置に移動させることが出来ます。
赤い帯や、派手に感じて印象を抑えたい帯に使うと
しっくりなじみます。
何気なく帯締めを蝶結びにして上におまくを置いてみましたら
何か動物のように見えましたのでパチリとしてみました。
象?ねずみ?


テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

tag: 正座 帯締め

コハゼの再利用

役目の終わった足袋を処分する時、コハゼはどうしていらっしゃいますか?
わたくしは足袋からコハゼを外して処分しておりますが
コハゼを再利用できないかと考えながら
なかなかいいアイデアが浮かびません。

足袋は両国の喜久屋さんに送ってもらっています。コハゼは4枚です。

こちらは以前、ふだんきものの帯でご紹介しました西陣の伊豆蔵明彦さんのところで
作っておられるカードケースです。
フタの部分に、止め具としてコハゼが使われてあります。
止め具を受ける側も、足袋の糸です。
しっかり止まりますし、とてもいい入れ物なのですが
このような物を自分で作るのはなかなか…ですよね?
日常的に手作りをなさっている方や
コスプレなどでオリジナルな物を求めておられる方でしたら
発想が豊かで、コハゼも色々に使っていただけるのかもしれません。
ずらして重ねれば魚のウロコのようになりますしね。

コハゼを外さず処分しておられる方、
一度外されてみて下さい。
布で隠れている部分には穴が三つ開いていて(物によって違うかもしれませんが)
愛おしくて捨てるに捨てられなくなってしまいます。
桃千佳

テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

tag: きもの 足袋 コハゼ 再利用 手作り

貝の帯留め

貝細工の帯留めです。右のイカ、美味しそうでしょう?

イカは体長5cmはあります。大きいんです。
左の丸い帯留めは貝を2枚重ねてあるのではなく、彫り進めることによって
白い部分を出してあります。
丸い物は色んな物に見立てられるので便利です。
これですと白い部分は三日月にも見えますし、月見だんごとか関西風の月見だんごですね。
他には…、…月見だんごにとらわれて後が続きません…。
洋風の帯にとてもよくなじみます。

イカの帯留めは、付けて行くのに効果的な場がなかなかありません。
何より帯を選びます。
友禅の花柄の染帯に使っている姿を想像してみて下さい…。
どうしてイカなの?と思われるでしょう?

チェーンを通せばペンダントにもなりますが
ますます使いづらくなります。
イカの同好会とか…(存在するのでしょうか?)
イカを食べる会でもあれば(あるのでしょうか?)
これで堂々と参加させていただきたいと思います。
桃千佳印




テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

tag:  帯留め イカ

指輪とおそろいの羽織紐

ヴェネチアングラスとスワロフスキーを組み合わせた羽織紐と
お揃いの指輪です。

中央のアメジストの輪は台にしたもので、指輪とは一体化していません。

わたくしは羽織をよく着ますので、羽織紐は自分でも作りますが
これは歌手・女優の鹿取洋子さんに作っていただきました。
松田聖子さんや田原俊彦さんと同期デビューで
「ゴーイン・バック・トゥー・チャイナ」が大ヒット、♪今夜連れて行かれたいチャイナ、ですよ。覚えてますか?若い人は知らない??
現在事業でもご活躍の鹿取洋子さんは
オリジナルアクセサリーも手掛けていらっしゃいます。

たまたま催事でご一緒だったアンティークビーズ収集家のインドラさんがお持ちの
ピンクの玉と、鹿取さんのスワロフスキーで
羽織紐を作って下さいとお願いしました。
羽織紐をお作りになるのは初めてとおっしゃってましたが
鹿取さんご自身も出来栄えに大変満足して下さり、
「私も同じ物を作って撮影で使いたいのですが、よろしいですか」
とのお申し出に大変嬉しく、大変恐縮いたしました。
もちろん、これはわたくしの大のお気に入りです。150年以上前のアンティークビーズだそうです。
スワロフスキーの色が主張しませんので、帯の上でなじみます。
洋の雰囲気の場へ出かける時など、重宝しております。

鹿取洋子さんは芸能人のオーラをきらめかせながらも
とても気さくで、瞳が印象的な素敵な方でした。
またいつかどこかでお目にかかれる機会があれば…と
夢見ております。
桃千佳?


テーマ: 天然石・パワーストーン、アクセサリー
ジャンル: 趣味・実用

tag: 羽織 アンティーク ビーズ スワロフスキー

ショール①

防寒用、というよりはコート姿に彩りを添えるショール。
左の黒地に紫の梅はショールとして出来あがっていたものですが
右のちりめんは羽織の残布で仕立てていただいたものです。

フリル部分との配色も絶妙。

グレーのようなベージュのようなこのショールは、一度迷子になった事があります。
東京へ持って行き、銀座近辺で無くしたことに気がついたのです。
顔面蒼白・お先真っ暗、同じ物は二度と手に入りませんし
このまま大阪には帰れまい!と
その日一日の道順を丁寧にたどり、頼みの綱は銀座三越泣きそうというところまで来て
…ありました!!
銀座三越地下食料品売り場。チョコレート売り場の前で落としたらしいのです。
バレンタインデー前、大混雑のチョコレート売り場で試食したんです…「サティ」の恋のてっぽうだま。
食い気に走り、自分の事も見えていなかったのかと恥じ入りました。
届けて下さった方、本当にありがとうございました。

羽織は室内で脱がなくてもかまいませんが
それでもショールは取らなければなりません。
どこかに置いてきてしまう可能性は高いです。
それからは必ず、ショールを入れる余裕のある鞄か、サブバックを忍ばせて
出掛けるようにしています。
桃千佳はんこ



テーマ: 着物
ジャンル: ファッション・ブランド

tag: ショール 羽織

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ