ごあいさつ

桃千佳

Author:桃千佳
ご訪問ありがとうございます。

わたくし桃千佳は生まれも育ちも大阪北摂。仕事はクルマ関係。趣味は歌舞伎・落語・宝塚歌劇など芝居見物や、時代劇(韓流含む)鑑賞、寺社参拝、野球(オリックスバファローズ)、大相撲観戦。 静かに楽しく飲みたい日本酒好き。メインカメラはオリンパス機。宇宙に興味を持ち、自宅ベランダからの月星鑑賞にはまる。

コメントは認証後に掲載させていただきます。

こよみ
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
新しめの記事
カテゴリ
月ごとのまとめ

夏のうそつき

「夏のうそつき」
何だか60年代あたりのアイドルの歌のタイトルのようだわと思いながら
この二部式襦袢を「うそつき」と呼ぶ面白さ。

この二部式襦袢は何年も着ていますが、丈夫で色柄もあせません。

夏のきものは透けますので、柄のある襦袢は使わないのですが
よそゆきでないのなら「いいじゃん別に!」と
ベタな大阪の女が関東の言葉で
言ってみたりする今日このごろでございます。
透けるのを計算して着ることもあります。

これは京都・寺町通「ゑり正」さんのもの。
関東のお店で二部式のお襦袢を置いてあるのを見ますと
柄の色が割合はっきりしたものが多いように感じます。
京はやはり「はんなり」が身上です。

きものになじみのない方でも、このように
夏の下着になでしこや桔梗の柄をあしらう
きものならではの季節感は
きもの女子の何よりのお楽しみであることを
おわかりいただけるような気がしております。
桃千佳(^・^)
スポンサーサイト

テーマ: 着物・和風小物
ジャンル: ファッション・ブランド

tag: きもの 襦袢 うそつき なでしこ 下着

うそつき襦袢

洗える素材の袖が付いた、いわゆる「うそつき」です。
すそよけもお揃いです。

きものを着始めた頃の物なので、可愛い色柄に飛びついていました。

こちらは京都・寺町「ゑり正」さんのもの。
ゑり正さんの下着はおしゃれで便利、お洗濯に強い。
ワンピース式の下着でも、丈が長ければ直してもらえたり、
心地よく使えるように対応していただけます。

洗えるのが何より魅力ではありますが
ちょうどこの時期、
袷の長襦袢ではもう暑い、でも単衣の長襦袢は手持ちが少ない、
そんな場合にとても重宝します。
袖口が単衣の長襦袢よりは多めに折り返してあります。

このニ点も、もう十数年以上使っていますが
何度洗濯機で洗っても色あせもしません。
塩瀬タイプの真っ白な半衿がかけてあり、そのまま洗えます。
好みの半衿も使えます。

着るのはもちろん、お洗濯まで楽しくなってしまう襦袢です。
桃千佳♪

テーマ: 着物ライフを楽しみましょう♪
ジャンル: ファッション・ブランド

tag: 襦袢 半衿 単衣

花園ゆかりさんのお襦袢

今月10~15日、京都・ギャラリー高倉通の【新春花園ゆかり展】へ
ご案内をいただきましたのに、行けませんでした(涙)
普通ブログに「行ってきました!」と記事を書くものでしょうけれど
行けずに心残りで、わたくしの花園さんコレクションのお襦袢を載せます。

他にトランプ柄も飛んでいます。

このお襦袢はわたくしの手持ちのきものにフレキシブルに合わせられる
お襦袢で、色も好みで、着る機会も多いので、
なるべく汚さないよう気をつけております。
他のお襦袢でも同じ事ですが、
こまめに手首をぐるっと拭いておくだけでも
汚れ具合が断然違ってきます。

花園さんの展示会の様子をブログで拝見して、色とりどりの着尺の中に、
自分に似合う色を探してみたり、可愛い小物に心はずみます。
今年は花園さんの展示会に行きたいです!
テディベアの着尺をお羽織で着たいです。

花園ゆかりさんのブログ
☆momochika☆






テーマ: 着物
ジャンル: ファッション・ブランド

tag: きもの 京都 襦袢

黒い長襦袢

静電気のお話をします。きもの好きなら長襦袢のおしゃれにもこだわりたいところです。
わたくしはあまりコントラストを効かせず、きものと濃淡か、
違う色であっても同じトーンのものが好みです。

黒い長襦袢を一着持っています。
おもちゃなどの飛び柄で、紬向きです。
袖口の汚れが目立たず重宝しておりますが
恐ろしいほど裾のホコリが目立つのです

でも黒だからホコリを吸うというわけではありません。
他の長襦袢も同じようにホコリを吸っているのに
他のものは目立ってないだけの事です。
見えないからといって、脱いで吊るしてしまう時に
ブラッシングやタオル等でのホコリ落としを怠ると
引き出しの中が知らず知らずのうちにホコリだらけ…?
黒い長襦袢を着るまで分かりませんでした。

歩くたびに摩擦しますから、静電気が起こるのは当り前ですが
わたくしはよほど静電気に好かれる体質なのでしょうか…。
よく火花を散らします。乾燥する冬場は特に…(嫌)

外出時に水の入ったスプレーを持って行くとか、
ハンカチを水で湿らせてそっと拭いておくとかすると
少しはましなようですが
一越縮緬などのきものには響くことがあり(一緒に巻き込んでしまいます)
きもの姿に太ももニョッキリ出現するのはみっともないですし
まことに厄介です…。

静電気防止剤を使わずに上手に付き合う方法はないものでしょうか…静電気は痛いです…。。

テーマ: 着物
ジャンル: ファッション・ブランド

tag: きもの 長襦袢 静電気 摩擦 縮緬

いま、何時?
あなたと私のコメント
☆コメントは記事公告下「本分:」からお願いします。
ブログ内の記事から探す
リンク
順不同
白黒はっきりして欲しい
by Orfeon
百人一首で遊びましょ
    FC2ブログへいらっしゃ~い☆

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ